年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くりすますいぶ
2011年12月24日 (土) | 編集 |
 病みつつ生きてます。おひさしぶりでございます。沙弥です。

 今年の風邪のしつこさにすっかりやられております。今週4日しかないのにほぼ半分会社休んでしまった……。しおしお。

 流行の鼻風邪なので鼻水を大量生産中です。これ冬コミまでに治るんだろうか……。

 とりあえず新刊は一種出るので、無理しない程度にがんばります……。

(どうでもいいようなことですがややアフタネタバレあるので嫌な方は回れ右)
-------------------------------------------------------------------------
(好きなヤツと過ごすクリスマスにはそれなりの夢があったハズだったんだけどな……)


 花井はバットを振りながら思わずひとりごちた。
 さすがに速さにも慣れてきてこのごろはいい当たりもけっこう飛ばせるようになってきた。

 時速150kmに設定されたマシンを擁するバッティングセンターまでは電車でだいたい30分。
 全員誘ったら順番が回ってくるのが遅くなるからと口実をつけて、練習が終わってからふたりで足を運んだ。
 ちょっとフォームに悩んでいるそぶりを見せれば、阿部は絶対についてきてくれる。
 自分のずるさにわずかな罪悪感が滲む。
「ほら、交代」
 マシンが止まって声をかけると、阿部はのそりと立ち上がって食べかけのホールケーキを渡してきた。
「ほい」
「おう」
 いちおうクリスマスだからという理由でコンビニで買ってきたそれは、もはや花井の意地である。
 もちろん切り分けるものもなく、コンビニのお姉さんがくれた頼りないフォークで食い散らかされたケーキは、ほんの少しの時間に驚くほど減っていた。ほぼ半分だ。
(いや……、もう、わかってるんだけどな)
 幸い……というか、あたりまえかもしれないが、他に人影はなく、ふたりきりのクリスマスイブを満喫できてはいるのだが。
 いるのだが。
 花井はおおきくため息をついた。
(なんでオレ、こいつがいいかな……)
 悩みつつも、それでも視線は外さない。
 ときどきフォークがケーキを外すけれど、それにすら口に入れてから気がつくくらい、阿部を見ている。
 こんな機会はめったにないから。
「よーし交代!」
 マシンが止まって、阿部があたりに響くおおきな声を上げた。
「おう」
 ケーキを渡すと、「なに、まだ残ってんの」と言われた。
「おまえみたいにがっついてねーんだよ」
 言ってマシンに向かおうとしたら、阿部がめんどくさそうにつぶやいた。
「持ってるだけとか疲れんだろ」
 その言葉にキュンとくる自分がもはやありえない。
(そっちの人……なんかな、オレ)
 なんとなく認めたくないが、そうとしか考えられない。
 もう少し大人になってから知りたかったとため息をついて、時速150kmのボールに向かう。
 打つときは集中。そうしないときっと怒る。絶対怒る。
 なんのために来てんだよと垂れ気味の目を吊り上げる。
(それはそれでかわいいかもだけどな)
 それをする度胸もないくせに、そんな妄想をする。もはや末期だ。
「ナイバッチー」
 さっきはかからなかった声がかかって驚いた。
 たぶんケーキを食べていないからだ。少し笑う。
 きっと、そういう自覚をしてしまった人にとっては、これは幸せなクリスマスなんだろうと、思う。
 
 ふたりきりのクリスマスイブ。
 たぶん、きっと、一生忘れない。

-----------------------------------------------------------------------

 え? 両思いですけど何か。(こら)
 拍手いつもありがとうございます♪ 励みになっておりますv
スポンサーサイト
受信した
2011年09月18日 (日) | 編集 |
 中年ハナアベを受信した!(アナウンス)

 花井→バツイチ子持ち(娘ひとり)
 阿部→独身

・嫁に浮気されて逃げられた花井さん。
・傷心のなか阿部さんと関係を持つ。
・でも実は高校時代から阿部が本命なんですけど……。
・もともと女にはめられたたぐいのできちゃった婚だしね。
・でも娘は引き取ったけどね。
・傷ついたふりをして「もう女はこりごり」って言ってれば阿部は自分といてくれる。
・そんなわけで今日も「独り寝は寂しい」と阿部を呼んでみる。
・だって断られたことないから。
・阿部ってほんとに口は悪いけど優しいヤツだよな!
・悪いと思ってるけど、もうしばらく誰のものにもならないで自分のところにいてほしいな。

 というどこまでもダメ対決な中年2匹のおはなし。
 どこから飛んできた電波だろう……。とりあえずめもめも。
 拍手ありがとうございました!
 一言で通販到着のご報告もありがとうございました。無事届いてほっとしましたv

 楽しんでいただけているといいなあ。
ほんとになんでも花阿変換するんだな。
2011年02月07日 (月) | 編集 |
 冬コミのときにね、仲間内で「フィ○ップ、きみを愛してる!」っていう本場のゲ○映画のDVDを観たんです。(以下ネタバレ)

 IQ169の天才詐欺師が刑務所の中で運命の恋人に出会いなりふりかまわずまとわりつくという実話に基づいたお話だそうですが、彼に自分を見てもらうために職を騙るわ彼のために金を稼ごうとしてでかい詐欺を仕掛けるわばれてつかまったら彼に会うために脱獄するわ刑務所から出るために偽装死はやらかすわなのにまた身分を偽って彼のもとに舞い戻るわ……、まあ本当にはた迷惑かつ情熱的な愛情で……。

 ええっと……。それでですね……。

 中学時代4番だったとかキャプテンだったとか全部ウソで、中学時代はただの気は優しくて力持ちな人だった花井が、阿部に一目ぼれして、中学で野球やめようかと思って伸ばしていた髪の毛を阿部の目を引くためにふたたび坊主にして、阿部のそばにいたくて西浦入って、阿部にかまってほしくて野球出来る子を装って、阿部に頼りにしてもらいたくて向いてもないのにキャプテンやっててな話はどうだろう。(ある意味高校デビュー)
 でもやっぱり気は優しくて力持ちな人なので要所要所が甘くてぼろ出まくりででもそんなところが阿部に愛されちゃうとかどうだろう!
 そんな、途方もなく恥ずかしい花阿はどうだろう!

 タイトルは『恋愛ジャンキー』だな(笑)。
 べつに『高校Debut』でもいいですが。いんぐりの曲名にもあったし……。


 すみません。叱られそうなので書き逃げします。

 拍手たくさんありがとうございました~。
妄想妄想v
2010年10月21日 (木) | 編集 |
【没にしなければならないのだが書きたくてたまらない記憶喪失ネタ】
 花井と阿部が中学時代つきあってて、でも花井が記憶喪失で阿部のことを忘れてしまったのでなかったことになっているというネタでしばしもえる。

 阿部は花井の幸せのためには思い出さない方がいいと思っているけど、寂しくてたまらないのです。
 花井は、なんで自分がこんなに落ち着かないのかわかんないけど、そのうち「もしかしてオレ、ほんとにモモカンに惚れちゃったのかな……」と(※沙弥ドS発動中)。
 そんで阿部は花井がどんどんモモカンに心惹かれていく様子を眺めながらひとり隠れて泣くのでございましたという。
 ふたりの仲は誰にも内緒だったので、阿部はひとりで耐えて耐えて耐え抜く。
 花井は阿部が自分につっかかる理由がわかんなくて、でもモモカンにそれなりに幸せな片思いをしたりしている。
 そんな花井と阿部に転機が……。

 とか考えているとき、脳味噌の奥からツッコミが。
 『下級生』(※ギャルゲー)か!
 ……………………………………。
 没らねばならぬのですが……。コレけっこう楽しい……(←ドS!)

 拍手たくさんありがとうございました!
 文字だけ表紙のオフセット本をつくる予定は全然ないですが、コメントありがとうございました~。
 文字だけでオフセ本出すようになったらたぶん3か月もしないうちにモチベーション落としてそのジャンル書かなくなります(笑)。
 って今まさにその危機なんだった。がんばります。いろいろ。
自分めも
2010年10月18日 (月) | 編集 |
【名前から芽生える友情】
花井「いいよなー、栄口は、男らしい名前で」
栄口「……いいと思う?」
花井「……なに? なんかあんのか?」
栄口「ゆーとって名前ね、この学年に15人いるんだよ?」
花井「じゅう……」
栄口「うち、佐藤3人、鈴木ふたり」
花井「…………」
栄口「…………」

 花井と栄口は無言で見つめ合い、がしっと手を握り合った。
 おおよそ対極に位置する名前を持つふたりの男の友情のはじまりであった……。

 いや、多い年はほんとにそんくらいいるらしいよ。はじめて知ったけど。


 拍手ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。