年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ざんねん……。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
 というわけで、なかやま沙弥個人サークル『7Voice』は冬コミ抽選漏れとなりました~。
 がーん。がーん。
 まあここんとこ連続して受かっていたので落ち時だったと言えばそーなんですが……。
 ちょっと、かなーり、残念です。
 とりあえず合同誌の〆切りが変わりますよ昇さん……。

 冬インテはまず抽選漏れないはずなんで、そっちでがんばります。
 ……そんで……。
 この先はとりあえず、このさい他ジャンルでもしょーがないのでせめてまだ東京売りがなくてしかも合同誌の「侵蝕」だけでも委託先を探さなきゃとか、そういう話になりますが。(『Think×3』はこのさいあとまわしだ!)
 どーしようか……HARUコミ……。
 あるいは榛名受オン……。
 止まれ自分。

 そこまであちこち出る余裕というか予算がないんだよね……。
 しかしそうなるとなんとスパコミまで東京の参加がないことになります。がーんがーん。
 うーん、きびしいわー。

 ところで。
 冬インテに鞍替えとなったことで、新刊予定を大幅に変更するので、この冬は当初の予定よりちょっとのんびりしちゃうかもしれません。
 冬コミ出るんなら机に乗りきらなくても新刊! だったのですが、インテだけとなるとさすがに在庫の減りを見ながら出さないとまずいのです。
 とりあえず諦めてた紅葉だな紅葉。行ってみよー!

 ちょっと開き直りすぎ? いやだってあたし連続8回落ちたことあるもん。落ちるのは慣れた。
 あのときの分今返してくれてもいーじゃんよーとは思うけどね(苦笑)。
 あたしの分、きっと他のサークルさんが良本を出してくれるはずさ★
 かっいものっ。かっいものっ。
 当日もゆっくり回るよひさびさに。

 拍手ありがとうございました~。
 こんなこと書いてますがはげましのお言葉お待ちしてますv(だからねだるなよ……)
スポンサーサイト
●ドン
2008年10月31日 (金) | 編集 |
 なつかしの「良い子 悪い子 普通の子」をDVDで観ながら、「良い隆也 悪い隆也 普通の隆也」妄想をする。

【普通の隆也】
 野球のユニフォーム+プロテクターで登場。
花井「なあ、…今日…、どーだ?」
阿部「!?(赤面) バ、バカ!こんなところで言うんじゃねェ!」
花井「あ、悪ィ」
阿部「…………」(真っ赤な顔で上目づかいにじっと見上げる)
花井(かわいい……)
 阿部、花井のほっぺにちゅ、と。
花井「!」
阿部「あとで……おまえんとこ行くから」
 阿部とりあえず逃亡。
 花井大満足。

 これが「普通」というあたり沙弥はとことん病んでいる。

【良い隆也】
 ボールも持参。
花井「なあ、…今日…、どーだ?」
阿部「今日? ナンかあンのか?」(首傾げ)
花井(これはこれでかわいい) 「いや……、えっと」
阿部「?」
花井「その、な……」
 花井、ぼそぼそと耳うち。
 阿部、みるみる真っ赤になって「え、えと……それって……」とつぶやく。
花井「どーだ?」
 阿部、花井の手というか指先を右手できゅっと握る。
花井「!」
阿部「よ、よろしくお願いします」(真っ赤)
花井「……(真っ赤)お、おう……」

 わーなんかだんだんイヤになってきた……(勝手)。

【悪い隆也】
 私服。食料持参。(このネタひっぱりすぎるといつか刺されそうな気がするのは気のせいだろうか……)
花井(わー、もう、なんか……)「なあ、…今日…、どーだ?」
阿部「今日でもいーけど、週末にしねェ?」
花井「なんで?」
阿部(にやり)「練習試合の出来高制ってどーだ?  ヒット1本でキス」
花井「おまえなー、なんでも野球に結びつけんなよ」
阿部「ホームラン打ったらサービスしてやるけどな~」(にっ)
花井(ぐっ)「じゃあ、それはそれとして、今日、どーだ?」
阿部「……よっしわかった。じゃあ肉な、肉」
花井「おまえ、まだ食う気かよ……(呆)」
 その後ろ姿の横幅は花井より広かったそうな……。

 でも花井はそんな阿部を愛してます。(断言)



 うーん。
「良い花井 悪い花井 普通の花井」のがおもろいなー。
 そっちはいつも書いているからまっいっか。

 そんなオチ。


 今日から当落検索できますねー。
 たのむ、受かっててくれー!

 拍手たくさんありがとうございました!
 そして、アドレス教えてくださってありがとうございます。(平伏)
 どう書こう、メール……(考)。
拾いました~vv
2008年10月29日 (水) | 編集 |
 またしてもお言葉に甘えて拾わせていただきました。
 のぶるさんありがとうございます~。

◆◇おおふり7組バトン◇◇


◆阿部、花井、水谷、篠岡。この4人が同じクラスだと知った時どう思った?
 阿部、同じクラスのヤツにあの仕打ちか……。いい度胸。
 つか友達いなさそ(強制終了)。
 あー、でも、もしかして野球部には阿部が「見学に来い」つったのかな。
 いいなーそれ。
「来てくれ」じやなくて「来い」かなー。わははは。
 それにしても篠岡おいしいな。
 これだけで篠岡嫌いっていう女性読者いるんじゃないか?

 ……まさかこのころは自分がその「女性読者」の仲間入りをするとは……。
 基本的に女子キャラ好きなほうなんで(現に篠岡以外は好きだもん……)、こういうのは非常に珍しい。

◆7組ズならではのイチオシポイントってどんなとこ?
 ユルイかんじの水谷と視界は前方30センチの阿部と中間点の花井ってかんじのところがいい。
 わたしはL⇔Rみたいな立ち位置の3人にヨワいのです。
 7組でいうと「L」が水谷、「R」が阿部、「⇔」が花井、みたいな(苦笑)。
「⇔」って重要だよね、っていうお話。

 そういえばわたしは昔からこの『⇔』ポジションにヨワいです。
 水●黄門でいうところのご老公……。

◆授業態度はそれぞれどんなカンジ?
 阿部は基本的に教科や教師の好き嫌いががつっと分かれてるかなーと。
 好きな教科以外は熱心でない。次の試合のデータ分析とかしてる。

 水谷は意外に要領よくやってんじゃないですかねえ。
 得意不得意だけじゃなくて、教師の合う合わないとか授業のうまさとかでも授業態度を決めているかんじ。
 適当に流して他クラスのノート頼みの教科からしっかりノートとってる教科まで。
 余裕のある授業は課題とかもやっつけちゃうよーみたいな。
 オンオフ激しいタイプだと思われ。

 花井は真面目に授業受けてますよー。
 そらもう「オレの態度が野球部への評価を決めるんだ! ぜってー寝ねえ!」てなもんですよ。
 他の運動部の連中が「おまえら、花井を見習え」とか言われるよーになるんだー。
 でも田島と三橋でプラマイゼロですよキャプテンv
 
 篠岡は……すんませんどう書いても嫌味に見えるのでスルーします。

◆お昼休みはどう過ごしてる?
阿部→花井と野球のお話
水谷→メシ食ったらおひるねしたりいろいろまったり
花井→阿部の話聞いたり水谷とあそんだり女子に英語質問されたり先生に用を言いつけられたり
篠岡→女子としゃべりながらメシくってる

女子A「花井くんに数学聞くと阿部くんにふってくれるんだよー」
女子B「ほんと?! こんど試してみよv」
 篠岡の耳がぴくぴくする。
 そして花井はやっぱり「⇔」らしい。

◆部活中と教室にいる時、印象はどう?
阿部→「静」から「動」になる。部活のほうが大声とか出してコワイと思われている。

水谷→真面目な顔を見るなら部活を見に行けと陰で囁かれている。数年後本人はそれを知り恥ずかしさにのたうち回るのであった……。(※沙弥だけが楽しいサイドストーリー)

花井→「お兄ちゃん」な花井を見るなら部活を……って田島も三橋も同い年なのにねー……。

篠岡→ボールを運んであげたいという男子がけっこういそう。

◆クラスメイトからどう思われてると思う?
阿部→素っ気ない。しゃべればしゃべるけど基本的に反応薄い。野球バカ。

水谷→おちゃらけ。「なんで阿部と仲いーんだろー?」「ねー不思議。いくら同じ部活でもねー」

花井→「花井くんの印象は~?」「坊主」「坊主」「坊主」やはり坊主はインパクト大でした(完)。
 ……うそです。たまにいる言葉につまる女子は花井に惚れてます。

篠岡→「篠岡は野球部の誰が本命かトトカルチョ~!」「ちょっと、やめてよ~」
 大穴は志賀先生です(こら)。

◆もし自分がクラスメイトだったら、どう接したい?
阿部→たぶんひとこともしゃべらずに1年終わると思う。
 ……あ、予想じゃなくて願望か。ズボンおろししたい。(←それはそれで率直すぎ!)

水谷→文化祭で女装させるー!
 表向きノリノリで内心恥ずかしがっていると萌え。(ドS沙弥)

花井→委員会とかで組んでみたい。遠足とか同じ班になりたい。楽できそう。

篠岡→おにぎり手伝うよ……。

◆7組ズ絡みでオススメなコンビ、CPある?
ハナアベ。
 次点がアベハナなあたり、私ってどうよ。
 ちなみに最近水谷受が熱いです。

◆2年進級時のクラス替えでバラバラになったらどうなる?どうなって欲しい?
 とりあえず阿部はひとりになるのはかわいそうなので水谷をつけてあげてください。(理系クラス)
 花井はどうとでもなります。(文系国公立進学クラス)
 篠岡はどうでもいどうにかなります。(文系クラス)

 でも花井は部のこととかでなにか思うことあるとつい「おい阿部」ってゆっちゃったり……キャ~vv
 そんで栄口がおなじクラスで、「たまには花井のところにあそびに来てやってよ」って阿部に言う。
 阿部、ちょっと(やそっとでなく)うれしい。

◆最後にこのバトンを回す4人の7組好きさんにハイタッチ!あざーっした!
 の、昇さん……。(毎回すみません)
 ほかにハナアベさんで欲しい人いらっしゃいませんか~。
 いらしたら拾ってやってくださいv

 拍手ありがとうございましたv
そんでもってアフタとわたくし
2008年10月28日 (火) | 編集 |
 ゆうべ見た夢です。
 夢というのもあるでしょうがキャラがガタガタです。
 アフタネタで昨日と同じネタバレです。
 そんなわけで覚悟できたひとは↓にスクロール。



















三橋「あ、あべ君、毎日、ちょっとずつ、重く、なって、る」
花井「やっぱそーか! オレの気のせいじゃなかったんだよな! そーだよな!」
三橋「オ、オレ、つかれて、る、かと、おもったん、だけど」
花井「いーや、アイツぜったい●ったって! だって腹の●つまめるし! オレもう腕ガタブルだし!」

 こんな会話を聞いた西浦の面々の反応。

泉(花井、毎日阿部持ち上げてんのか?(微妙))←深く考えることは拒否
栄口(き、聞かなかったことにしよう……)←事情通
巣山(花井、毎日阿部の練習とか手伝ってやってんのかな(感心))←天使!
田島(阿部のヤツ、完治してもしばらく動きとかなまってそうだなー)←野球バカ
沖(もしかして、体脂肪率1番じゃないかも……)←小心者
水谷(あははははー、『子泣きタカヤ』だー)←意味不明
西広(三橋、花井がなに言ってんのかわかってるのかなー)←先生はすべてわかってる

 どうも最近わたしは巣山にとってもとっても夢を見ていると思うナリよ。
 そしてやはり水谷にいちばん自己投影が激しいよーな気がするナリよ。
(だってアフタみてまっさきにわたしが思ったことだもん)

 拍手たくさんありがとうございました~。

【ちょっとしたおしらせ】
 えーと、阿部誕生日企画お申し込みは11/20をいったんの締め切り日とさせていただきます。
 メールがちゃんと届くかの確認を阿部誕1週間前に行います。
 そのときに企画の全貌をおしらせします。(え?)
 当日は予定を変更してPCからbcc使って午前0時一斉送信するつもりです。
 送信し終わったら使用したアドレスはもともと知っていた方以外廃棄いたします。
おおふり11巻とわたくし。(※若干ネタバレします)
2008年10月27日 (月) | 編集 |
(コミックスとアフタ両方ネタバレますー)


















 いろんなところまわったけどアフタのラスト1ページで大喜びしたのは私くらいみたい……。がーん。
 かわいいと思うんだけどなあ……。
 前から見た阿部と後ろから見た阿部の体型が全然違ってどっちがどうよどっちもちがうの? とかそれはちょっと気になりますが……。
 つか花井が気にしなきゃそれでいい。うちの花井は気にしないもーん。
 むしろ阿部が気にしたらいいよ!「さすがにこれ……ヤベェか?」みたいな!
 ヒザ故障上がりでケツが重いとスローイングますます遅くなんぞ阿部~。わはは。
 暴投の予感をひしひし感じる……。

 そんな阿部の無頓着のせいでひどい目にあう三橋の受難にしびれた。水谷連れてきて手伝わせたいぞ~。
 7Voiceの不文律→困ったときの水谷文貴
 まあそもそも膝が悪いときは自転車ダメだよまして後ろから押してもらってたって上り坂はぜったいダメだよとかそのへんのツッコミどころはあるのですが……。
 膝悪いときはどこへ行くにも歩く。これ鉄則です。

【そんな沙弥はこんなお題で1日萌えてました】

 父上に『友達いないんじゃ』と言われてしまった阿部隆也。
 ひと晩徹夜で(笑)考えました。
 考えて考えて考えて、『かろうじて友達と呼べるヤツは……コイツだ!』と思ったのが、花井でした。(※話が進まないので『人選まちがっとる』とか言わないこと)
 そして完徹(根暗だから)ですっかり思考力判断力が鈍った悩める阿部隆也(※プニ也と読まないこと!/笑)は、うっかり花井に確認を。

「なァ……、オレらってトモダチだよな?

 多分沙弥ならば『襲ってください』と聞こえていると思いますが、花井はいちおう常識人なので阿部の言葉をべつの意味にとらえました。
「………………それ、牽制してんのか?」
 え? と思ったすきに花井に思いきりぎゅーと抱きしめられる阿部。
「は、花井?」とかゆっとるそばからちゅーを仕掛けられ、思わずぎゅっと目を目をつむってしまいます。
「…………」
 がっちがちに固まっている阿部を見た花井は、そこで思いとどまります。
 阿部の鼻の頭になにかがちょんと触れて、それで終わり。
(今の、もしかして……?)と思うけど聞けない阿部。
 そして、「からかっただけだよ、バーカ」と。
「あんまヘンなこと言うなよ。トモダチに決まってんだろ」
 そう言って、花井はどこかへ言ってしまいました。

 けど、これが花井と阿部が『トモダチ』だった最後の瞬間でした。
 なぜなら、このとき阿部は花井にフォーリンラブだったのです。


◆◆◆◆
 ……というネタのつづきを10通りくらい考えてあそんでました。
 たぶんアフタに載った時点で阿部受のひとは1度はこういうかんじのネタ考えただろうから、どのみち使えないんですが……。

 花井をいじっていじっていじり倒してました。
 そのまま平静を装ってトモダチごっこしたり。
 親の都合で転校したり。
 事故に遭ったり。
 記憶喪失になったり。
 彼女ができたり。
 阿部を安心させてやろうとカモフラージュで他の男とつきあったり。(※たとえば和さんのことが好きな準太とかー←そこ?!)
 阿部がべつの男となかよくするのに嫉妬して阿部を襲ったり。

 長すぎて説明できないのとあまりにもトンデモなのは割愛しています。
 あほな1日でした。はー、ハナアベっていいわー。

 拍手ありがとうございました!
 返信は追記にて。

※ミスフル本の在庫が奥に入ってしまっているのでメール返信は少しお待ちくださいませ。
[続きを読む...]
なんかねー、リンクがキレイになんないんですよ。
2008年10月26日 (日) | 編集 |
 別館のリンク、へんなことになってますよね……。文字までリンクが……。
 バナーからはふつうに飛べるのでとりあえず削除はしないですが、作成画面ではこんなことになってないのになんでアップするとヘンになるんだ??

 仮オープンと称して別館はこのブログのリンクから飛べるようになっています。
 ……が、本館の「はじめましての部屋」はご一読くださいね~。
 と一応言ってみる(笑)。
 あんな阿部並に口うるさい注意書き私だって読みたかねーや。

 拍手ありがとうございました~。
 バトンもどってきた!(びっくり)
 じつはハナアベも構想1週間くらいかかっているので、今回もそのくらいかかるかもです~。
 遅筆だ……。

 あと、11巻感想ははっきり言って重箱の隅つつきと文句ばっかになりそうなので割愛します。
 ここもおかしい。ここもヘンだ……。ここも釈然としない……。
 突っ込みどころ満載すぎるって……。
【自分との『家族』という形で妄想を行うバトン】
2008年10月25日 (土) | 編集 |
 えーと、興奮して感想を送ったら「よかったらやってみてください」とおっしゃってくださったので、お言葉に甘えて拾います。(7組も拾っていいですか? か? @私信)
 のぶるさんありがとうございますvv

【自分との『家族』という形で妄想を行うバトン】

※お題:花井と阿部とときどきなかやま沙弥(※こんな言い回しで指定を受けたわけではありません←あたりまえ)

 回答超痛いので覚悟してどうぞ!

●貴方は三人家族だとします。貴方と二人の家族関係はどんな感じですか?

沙弥:某工場勤めの派遣社員。ワーキングプア。(こまかい!)
阿部:沙弥の弟。通称タカ。
 リアルにタカと呼ばれる弟がいるのでこれしか思いつかなかった……。
花井:弟のダンナ(こらー!)

 ワーキングプアな沙弥さんは弟夫婦と暮らしています。(シャレにならん……)
 ちなみに弟が「妻」です。知ったときにはおねーちゃんどうしようかと思ったバイ……。

●寝起きの悪い貴方をいつも起こしてくれるのは誰ですか?

 基本放置だと思いますが、必要なときはどっちもがんばってくれますよ。
【阿部の場合】
 ドンドンドンドンッ!(すごい音でドアたたく)
阿部「おい起きろ! 今日は法事だろ!」(ドア叩き続ける)
 そのとき、がつっとなにかがドアに当たった音が!
花井(い、今のなんだ?!)
正解:沙弥が携帯をドアに投げた音
沙弥「うっさい! 起きとるわ!」(←寝起き最悪)
阿部「起きてねーだろ! もー朝だぞ!」
沙弥「起きとるってゆっとるだらー!(方言)」
花井(すすすすすげー、阿部と同じくらい声のでかい女の人はじめて見た……)
 いっとくけど私の声は阿部よりでかいよ、花井(※推定)。
 
【花井の場合】
花井(なんか起こすのイヤかも。お義姉さんよくスゲー格好で寝てるし)
 ちなみに阿部のアドバイスは「物が飛んでくっからドア開けるな」です。
コンコン(ノック)
花井「えーと、あのー、おねーさん、朝ですけど……」
しーん
花井「……おねーさん?」
ドンドンドン(強めに叩く)
花井「あのー、おねーさん?」
沙弥(しばらく呼ばせておこう……(萌))
 沙弥、悶絶中。

●家事分担はどんな感じですか?

メシ:当番制
洗濯:……しゃーない、やるか!
掃除:花井(断言)
ゴミ出し:阿部

 阿部は家事不能者。
 沙弥はなにをするのも雑で掃除が超苦手。
 花井がんばって~。(他人ごとかよ!)

沙弥「下着も出していーのに……」
花井「い、いえ、そんくらいは自分で!」
沙弥(ちっ、おしい)
花井「? なにか言いました?」
沙弥「んーん、なんにもー(にこ)」
阿部「おい、靴下片方ねーぞ?」
沙弥「ん? あー、穴開いてたから捨てたわ。ゴメン。もう片っぽも捨てといてー。で、新しいの出して~」
阿部「またかよ。新しいの…って、またテメーヘンな柄買ってきやがって……!」
花井「……それ……、おねーさんのシュミだったんだな」
沙弥「うん。靴下があたしを呼んどるじゃんねー」
花井「…………。もしかして、Tシャツとか、パンツも……」
沙弥(花井が『ぱんつ』ってゆった!(萌))「うん。股間にサムライかわいーでしょ?」
 どんなぱんつだ(笑)。
 このあと沙弥、花井に「あの、おねーさん、阿部のぱんつ、オレに買わせてください!」と言われ悶絶。
 一瞬「使用後を売ってくれ」と言われたのかと思ったよ花井!(笑)
 どーぞどーぞ! エロいの買ってやって!

●三人の家族内での約束事は?

阿部「あんま花井にちょっかい出すなよ」
沙弥「弟のダンナゆーわくしてどーすんの」
阿部「とぼけんな! からかう気満々だろ!」
沙弥(にっこり)「からかわないよー。ネタをもらうだけv」
阿部「この、ホモ好きが……!」
沙弥「あんたがあたしより色気があるのが悪いv」
 家族は沙弥のホモ好きを認知済み。

阿部「あと、裸でうろつくなよ。下着もダメだぞ! ノーブラも禁止! あ、あと、生●用品あっちこっちに置くなよ! ぜってー目につかないとこに置けよ!」
 わー、阿部口うるさいー(笑)。
沙弥(勝手に戸棚開けるところまで責任持てねーよ)「あんたも、トイレの天井裏の野球雑誌、どーにかしといてよ?(にっ)」
阿部「! てめ……!」
沙弥「西●の●●選手、体型があずさくんそっくりー」
阿部「!?(真っ赤) ってめっっ、あずさって呼ぶな!」
沙弥(やっぱ、それはダメか)「でも弟のダンナ『花井くん』ってヘンだけどね。まーアレはどーにかしといてよー? そのうち天井抜けるよ?」
阿部「もう増えねェよ!」
沙弥「……あー、そうですかー」 (にやにや)
 セクハラのしがいがある弟っていいなあ!


●家族会議が開かれました。その内容は?

沙弥「いくつずつ食べるー?」
 テーブルの上にずらりと並んだ大あさりと岩牡蠣。そしてでーんと居座るミル貝。
花井「こ、これって……」
沙弥「ちょいと車で半島までひとっ走り」
 豊橋かよ!(自分ツッコミ)
阿部「テメーいつも食ってんだろ。ちょっとエンリョしろ」
沙弥「あんたも食ってんじゃん。……まーでも、今日ははなくんに……」
花井(はなくん……?)「い、いえ、でも、これってけっこう高いですよね?」
沙弥「まーでも、タカもあたしもこれ以上太るわけにはいかないし。ねー?」
阿部「…………」(超無言)
花井(そういや阿部、またちょっと……)「じゃあ、お言葉に甘えて……」
阿部(やっぱ太ったのバレてんのかよ!)←ちょっと涙目
沙弥(小声)『子供でもできたかと思ったやー(方言)』
阿部『! ぶっ殺す! つかはなくんってなんだよ』
沙弥『かわいかろ?』
阿部『犬みたいじゃねェか!』
沙弥(弟の飼ってるバター犬ですー。なんちゃってー)

●喧嘩を止めるために貴方はどんな行動に出ましたか?

沙弥「今からテレビ観るから静かにねー」
阿部「うるせー、黙ってろ!」
沙弥「脱ぐぞ」
 ぴたっっ。
花井「……あー、その、ごめんな、阿部」
阿部「や、オレこそ……」

 なんかキレイに止まりすぎて釈然としないわー。(勝手)

●食卓での配置はどんな感じですか?

 食事当番が流し台にいちばん近い位置に陣取って、あとはてきとー。
 あ、でも自分が当番じゃないときは沙弥が出入り口にいちばん近いところにいる。いつでも退散できるように!(笑)

●みんなで遊ぶ事になりました、何をしますか?

沙弥「いやったー! 外野応援席取れたー!」
阿部「えー? 内野のがゆっくり観れるじゃねェか」
沙弥「アンタなに行く気満々になってんの!」
花井「いいっすねー、野球」
沙弥「わー、はなくん行く? 行く?」
阿部「ちょっと態度違いすぎだろ!」

【現地にて】
沙弥「そんじゃチューハイ買ってきまーす」
阿部「あ、じゃオレにもなんかてきとーに」(財布ごとよこす)
沙弥「たまには自分で行ってこーい!」
花井「あ、じゃオレ手伝いますよ。オレもなんか欲しいし」
沙弥「はなくんやさしー!(※普通です)じゃあ行こっか。売店なら生あるよ」
花井「くわしいっすね、お義姉さん」
沙弥「タカ、荷物の見張りよろ」
阿部「……おー……」
 だから態度に温度差が出るとタカは気づくべきである!(リアル主張)
沙弥「……すねてたけど、いーの?」
花井(苦笑)「阿部の好きなの覚えときたいんで、教えてください」
沙弥(笑)「はなくん、やさしー」

●じゃあいきなりですが、そんなみんなを色で例えると?

 いきなりすぎだろ(笑)。
阿部:青。しかも青は青でも紺に近いよーな青
花井:保護色(まわりに合わせてどんな色にもなるタイプだよなあ……)
沙弥:黄色。カールのチーズ味みたいな色

●貴方がお風呂に入っていると誰かがお風呂に入ってきました。さぁピンチ。

沙弥「あれ? はなくん」
花井「うわああああ?! お義姉さん!? すんませんっ!」
 ここから戸の内側と外側。
沙弥「いやー、ゴメンね、ヘンなもの見せて」
阿部「テメー朝風呂はやめろっつってんだろ!」
沙弥「いつお風呂入ってもいーでしょ?!」(え? なんでふたり揃ってんの? って、あー?!)
 わああああぁぁぁぁ。そゆことかー!
 つか花井パジャマ下だけだったし! 半分こ? は ん ぶ ん こ?!
 こっちが夫婦の寝室を覗いた気分になりました。(爆)

●みんなで大きいベッドに寝ることになりました。どんな風に並んでますか?

 なんですかそのいたたまれないシチュエーションは!
 ……大きいんだよね、ベッド。

 沙弥:足下(こらー!)
 でふつーに花井と阿部。

沙弥「ゴメンねはなくん、足伸ばせるー?」
花井「大丈夫です。でも、そこでいーんですか?」
阿部「つか、なんで偶然ボールが飛んできて窓割ってベッドがガラスまみれとかになんだよ。運悪すぎだろ」
沙弥「私だから」
阿部「…………」
花井『お義姉さん、そんな運悪いのか?』
阿部「悪いっつーか、よくも悪くもイロイロ当たんだよ。中学のときなんかソフトボールやろーとしたけどあまりにボコボコボール当たるもんだから親が大反対して……(※実話)」
花井「そんなんでよく野球フアンやってんな……」
阿部「こないだボール取ろうとした小学生の下敷きになったらしいぞ」
花井「…………」
阿部「その前はやっぱりボール取ろうとしたおっさんに膝蹴りくらったらしいし」
花井「……できるだけガードしてやったほうがよくねえ?」
阿部「……まーな。どーせ目ェ離した隙に痛い目に遭ってっけどなー」
花井「…………」
 ごめんねー色気のない夜を過ごさせてー(滂沱の涙)。
 
●このバトンはどうでしたか?

 難しかったけど楽しいです!
 痛くてすみません(土下座)。

●このバトンを五人の方に回していただけますか?
 (男女問わず)キャラは指定してください(男性キャラ一人含む)

【それでは昇さんに】
『花井と阿部』でも『羽生と根津』でもどっちでもいーですv

【そしてウロ子さんに】
『一斗と甲斐兄』かな……。自分わかったほうがおもしろいのでスミマセン。

【ハナアベのかたに回してもいーですか?】
『花井と阿部』でてきとーに拾ってやってください!
 
 もちろんスルーしてくださって結構です! けっこう難しいし。

 拍手たくさんありがとうございました。返信は追記にてv
[続きを読む...]
じつはだいたいかたまっている
2008年10月24日 (金) | 編集 |
 冬コミ当落まであと一週間。どきどき。

 予告通りにいった試しがないけど予告しないとなにもしない沙弥。だいたいの方針を固めてみました。

 冬コミは合同誌と、猫。

理由・猫は1話完結だから。(爆)

 たとえば合同誌は前回と連動しているのですよー。
 そしてコピーの「カタオモイ」はバレンタイン本と連動。
 もしかして『Think!』書く機会があったらこれこそシリーズ読み切り連作です。
(『Thiink!×4』は阿部の×の×を××む花井でお送りしま……ウソです/アフタ読んだら伏せ字は簡単に埋まります←もう読んでいる沙弥)
 1冊くらい1話完結ないとなあ……(困)。
 他にも1話完結あるだろうという話ですが、そのすぐあとのインテでも新刊を出したいのでいちばん時間がかからなそうなネタをチョイスです。
 あと、今もってる読み切りネタのなかで猫だけは全年齢向けなんです。
 更新作業のときにオフラインの部屋見たらずらりと「R18」の文字が並んでいたので「うあああああ(恥)」ってなりました。
 まあもっとも、全年齢向けって実際書くとエロよりよほどとってもとっても照れるですけど。

 そんで、表紙をどうしようか考え中です。
 こんなキワモノ(や、全部だけど)を絵でひとさまに頼むのは気が引ける……。
 でも本を出すときっていうのはハナアベ絵をねだる貴重な機会なのです。ハナアベ~。
 猫化という時点でねぎねぎがちょっと引きそうな予感を感じる。
 誰かみかんひと箱と引き換えに描いていただけませんか?
(またゆっとる/今度はみかんか/特産だから/いくつ特産の農産物があるんだおまえの地方は)
 キャベツひと箱でもいいよ(安)。
 豊橋行くから大あさり食わせろとかでもいいよ。全力でもてなすよ。
 ちなみに「全力でもてなす」沙弥は自分で言うのもなんですがウザイです。
 とりあえずー、冬コミの当落出たらねぎねぎに電話で特攻かけてみます。
 猫だけの表紙とかになったら電車の中で読んでも安心v ……ウソですしないでください。

 そんで、インテにシュン×榛名コラボ。これもひとさまに表紙頼むの気が引けるな……。
 ぶっちゃけねぎねぎはシュンちゃん知らないだろうし……。
「興味ある」という天使がいないかなあ……。(いないほうに50円賭けるぜ……)
 ほんとは投票数的にはここでフルカウントのつづき出して榛名受オンリかシュンちゃんオンリにこの本もってきたいけど、これ以上東京増やすなんてそんな予算どこにもない……。しおしお。

 そんで、なんとか読み切り2本書いたところでGWに『フルカウント』のつづき。
 HARUコミ出たいけどそんな予算は(以下略)。

 阿部オンリに拍手2。(そこでそれー?!)

 夏コミで『フルカウント』3冊目。

 7組オンリでてれくれ。

 100ページ越えも出そうな予感。
 今年に続いて来年も死ぬ気満々です。
 とりあえず目標は大きく!ね。

 拍手たっっっくさんありがとうございました~v うれしいですvv
 えろすもがんばってかかねば。気合い入れていこ~。
あ……れ?
2008年10月24日 (金) | 編集 |
 今朝更新箇所のお知らせを書いて行ったはずなのに消えている。ナゼダ。

答え:寝ぼけたから(たぶん)

 寝起き最悪起こすと地獄とうたわれた沙弥の真骨頂……。


 そんなわけで主に身体よりココロにダメージをうけひきこもってました。
 ぶっちゃけよう。土曜日に飲み会で激烈なセクハラを受けしばらく人と接したくなくなってたんだ……。
 たまにそゆかんじになります。
 そんなときは放置推奨。しばらくすると人恋しくなっていそいそと舞い戻ってきます。


【そんなこんなで更新箇所】
●別館●
『A.B.C』追加。
 あの日構ってくださったかたはお持ち帰り自由ということにしようかと思ったけどいまいち出来が気に入りません。(きっぱりはっきりさっぱり)
 そしてやはりネタから昭和の匂いがする……。
 リンクいっぱい追加。
 リンク先には正式オープン前にごあいさつにうかがいたいものです。

●本館……というか●
 てれくれ準備号が別館に収録されたので拍手4枚目のみ交換しました。……また微妙なネタを……。
 そなわけでさやさん脳内はただいま空前のシュン×榛名ブームです。またどこから湧いたそのCP……。
 シュンの正式設定が公開になる前にあのネタは消化したいなあ……。
 今のうちのほうがやりやすいこともあるのさ。あはははははー。

【振り新刊感想】
 阿部父はやはり萌えだった。オワリ。
 花井の見せ場が少ないので他に書くことなくってね……。
 はるかとあすかはかわいかったでーす。字、出てたんだなちっくしょう。
 ところでまだアフタつながってないです。どーしようどうしよう。

 そういやわたし、阿部父を「受なんですv」とどこかのどなたか(笑)に主張したのですけど、がっかりしないでくださいねv ゲンミツにv
 でんおー楽しかったでーす!

 拍手ありがとうございました。
 もうすでに更新を見つけてくださっているらしく今日はとくにたくさんありがとうございますv
急遽行ってきました
2008年10月18日 (土) | 編集 |
 でんおーの映画。

 レイトショーが今週までだったのです。
 800円も違うんだもん……。

 通かわいかったです! 通!
 でんおーなのに通主演なんて、TVシリーズのフアンが「なにコイツ」って思うんじゃないかと戦々恐々でしたが、そのへんもひじょうにバランスが取れていてひと安心。おいしい役でした。
 そして、通はやっぱりスタイルがいい! 背はたかくなったのになんてバランスだ!
 いい育ち方してますよねーvv ほくほく。
 あれが3代目りょまとは思えん身長になっちゃったけどね(笑)。
 りょまだったころからすくすく伸びて「アジ●ンス」と呼ばれるようなポーズでごまかしていた通ですが(南次郎より背がたかい辺り……)、まだすくすくらしい。
 帰りがけびっ●りドンキーに寄って、妹とカヲルと「ど・お・りーv」とキャーキャーやってきました。
 けっきょく通の話しかしていないのがなんともかんとも。
 まったく前知識なしで行ったからモモ●ロスしか覚えれなかったし。
 でもけっこう面白かった! 通おいしかったし!(2回め)
 佐藤君と中村君の役柄は逆だと思いこんでいたのですが……。佐藤君がおとぼけで中村君が真面目なのですね。
 ……地のキャラそのまんまでやったらシャレにならんからだろうか(笑)。中村君、アホの子だからなあ!
 次のドーリはカエルですねvv(『Flogs』の映画版/全国だよみんな観ようよー!)
 通が出演するものにはハズレがないのでそっちもちょう楽しみだv


【ところでさやさんはまだBL修行中】

 今日は『どっちかが病気になる』にチャレンジ!
 ……そりゃあ花井だろー……。(ゴメン)

・1年の終わり、いきなり花井にムリヤリ●されてしまう阿部。(つきあってたけどムリヤリってかんじで)
・痛む身体を引きずって翌日の練習に出てきてみれば、もう花井はいなかった。
・病気療養のため転校したとのこと。
・命に別状はないけど視力を失うかもしれないとのこと。
・とりあえず阿部が主将代理になって、花井の帰りを待つ。

 いちおう花井は3年の夏には間に合うかんじで。
 たぶん転校して1年くらいは試合に出られないんじゃないかとは思いますが、補強ではなく病気療養が理由なので申請すればそのへんは融通きくんではと。(きかないなら高●連なんてつぶれてしまうといいよどうせ高校生を食い物にする悪い大人の集まりなんだから!)
 恋人にすら病気のことを隠して、ひとりで悩んできたけど、「阿部の顔を見るのは最後かもしれない」と思ったとき箍が外れてしまう花井。
 阿部は傷ついて怒っていたけど、やがて花井に病気のことをうちあけてもらえなかったことにいちばん傷ついていたと気づくのです。

 ……んー、ありがちすぎるかな。貧困すぎるかな。
 なにより重いなあ……。うーん。
 重いのは今更ですが。
 本日の小ネタは4kg増量でお届けしましたとかこのネタしつこいかな。

 拍手ありがとうございましたv
 返信は追記にてv
[続きを読む...]
よっぱらってます
2008年10月16日 (木) | 編集 |
 すごくひさしぶりに定時で帰れました!
「帰れた」つーか「帰った」なのですけどね(汗)。

 でもあみだくじで負けてぞうきんがけ30分やったけど。
 ひさしぶりにこの時間に日記書いてる。うれしー。

 体力勝負の仕事なのでそろそろ限界もきていました。
 今日は思いきり酒を飲んでいます。
 もうパソコンいじる足下(なぜ)に置いてます。
 酔ったら文章書けなくなるけど大丈夫!  エロかくから!

 ナニが大丈夫なんだか……(自分ツッコミ)。

 そんなわけで田島様おたんじょうびおめでとうございます。
 昔リアルで好きだったひとと2日違いなのでなんとなーく覚えてました。記号を覚えない沙弥にしては驚異的です。
 ってゆーか天秤座B型! うははははははは。(←おまえ酔いすぎ)
 9割がたの人に嫌われてたりしませんよーに!
 沙弥……ほんっとーにリアル趣味悪いんだな……。

【で、まあ田島様生誕日記念妄想】
(※妄想は記念になりません。くり返します。妄想は記念になりません)
 ネタは、『阿部と田島が入れ替わってしまいました』。(ベタ/たぶん石投げたらういうネタに当たる)

 ある朝、起きたら阿部と田島が入れ替わっていました。
 ふたりして現状を確認するため学校へ~。(※ポジティブ)

「オレたちだけみてーだな」
「……おう。つか冷静だな、田島」
「だって、なんかオモシレーじゃん、こーゆーの」
「…………(今ほどこいつがうらやましいと思ったことはねェ!)」
 テスト期間中で部活がないのを幸いにして、ふたりは入れ替わったことを隠すことを決心。
「でも、今日花井んとこ行く約束してんだよな」
「えー?! 花井、オレには用事あるってゆったくせに!」
「……英語の集中講義受ける予定だったから、オレに気ィつかったんだろ」
「アベ、んな英語苦手だったっけ?」
「……まーな」
 ほんとうは保健体育の集中講義しかも実践なんだけどねv
だから他人の介入は好ましくないんだけどねv
「とりあえず、バレちまったからとかなんとか言ってまぎれこむけど……、おまえ、触んなよ」
「なにが」
「…………」
 阿部はしばらく考えました。
「オレ、特異体質で、花井に触るとすっげー静電気出て、めちゃめちゃイテー思いすんだよ」
 ああ、はあ、静電気ですか(笑)。
「え? 痛いの?? それやだ!」
「だったら花井には触るなよ。……つか危ねーから50センチ以内に近づくな!」
「わかった」
(……あれ? でも、ふだん阿部って、けっこー花井にべたべたしてねえ?)

 田島様、正解です。

 まあこんな妄想を延々していたわけですよ、今日。
 そんで花井にはすぐばれちゃうわけですよ。
 ちょっと強引にちゅーされて、感じやすい阿部のカラダでメロメロになっちゃって。
 うっかり「すっげ気持ちいー」とか口走ったら「……おまえ、誰だ?」って。
 阿部はこの場ではぜったい意地を張るって花井はわかってるからvv

 ……あーやばい。まじで酔ってきたっぽい。(※今更です)
 本日はこのへんで~。

 拍手たくさんありがとうございました!
 今日はえろ書いて(こらー!)、明日拍手レスしますすみません。
原始人がんばる
2008年10月15日 (水) | 編集 |
 左ページへの表示のしかたと別窓の出し方がわかったよ!

 原始人、原始人。
(ところで『思い通りにページが変わらない』というのはまさにこのことなのですが、どうも伝わっていなかった様子で、ご指摘をいただいてしまいました。あたし文章力なくてすみません。つか言い回しがわかりにくいとか文章書きとしてほんと最悪ですみません。しおしお/アドバイスありがとうございました~)

 Ninjaの最大のネックにソースをいじれないというのがあるのですが(部分的にタグを挿入することは可能)、これが思いの外不便です。
「どうせあたし、htmlなんてわかんないもんねー」と思っていましたが、よそのページがやっていることを、ソースを見てこっそりパクって参考にすることは可能なわけです。
 ただ、いちおうこの問題は解決の方向に向かいそうです。(この数日というものヘルプとにらめっこでした……)
 それを機会に、もういっそ振りのリンクは別館から貼っちゃおうかと思います。リンクしたいところにできてないもん……。
 どうも検索よけできないんだな、あのリンク。
 ただ、『別館』と銘打っていても扱いは本館の1コンテンツのつもりでいますので、『サイトに』検索よけが条件のサイト様にはリンク貼れません。しくしくしくしく……。(しょうがない。一斗フアンの交流のためだ!)
 文のほうはとりあえず『ABC』ちょろちょろ書いてます。思えばこれは『A.B.E』アフターのときのネタなのでさっさと書かねばなるまいなのでした。
 今日アップしたかったけどダメだった……遅筆でごめんなさい!

 と書くと最近「遅筆じゃないですよ~」と言ってくださる方が増えた。みんなやさしい……。

 拍手たくさんありがとうございました~。
 ここでひとこと「遅筆じゃないですよ」と言ってやると喜びます。(←ねだるなよ!)
5歳児妄想
2008年10月14日 (火) | 編集 |
 あべ たかやくんは5さいです。
 幼稚園の年長さんです。
 この日、たかやくんは目になみだをいっぱいためて、5さいなりになにかけっしんをしたようにママのところへいきました。
「タカくん、どうしたのー?」
「ママ、オレ、きょうからママのことおかあさんってよぶ!」
「……どうして?」
「だって、みんなばかにするんだもん! ねんちょうぐみになったら、みんなパパママなんていわないって!」
「……(あー、そういうこと考えるの忘れてたー/だってかわいいんだもん!)」
「パパのこともおとうさんってよぶ! ……ぜったい、そーする……」
 そこでたかやくんはこらえきれずにぽろぽろとないてしまいました。
 いつもはなまいきだけど、ほんとうはなきむしなのです。
「タカ? タカくん?」
「……」
「ごめんね、気がついてあげられなくて」
 おかあさんは、たかやくんをぎゅっとだきしめました。
「ほんとは…っ、やだけど……」
 おかあさんってよぶ、となきじゃくるたかやくんにおかあさんもついもらいなきしてしまいました。
「……タカくんも、ひとつおとなになったんだね」


 などという妄想でアホみたいに萌えて1日終わりました。
 こんなことしとる場合か。(自分ツッコミ)
 でも連休開けてみれば相変わらず仕事忙しくてイライラしていたので、たかや妄想はかなり相当癒しになりました。
 実際の5歳児がどんなもんかは知りません。
 私の阿部萌えの最重要事項のひとつに「阿部は両親を『お父さんお母さん』と呼ぶ」というのがありまして(ここに萌える人意外に少ないんかな? 案外いじられてない気がする)、それを元に土曜日ちらりとチャットで小ネタをつくったのですが。
 ……こんな余波が……。

 それはともかく私の場合リアル弟をタカと呼んでいるので家族ネタはちょっとだけ微妙です。

 拍手ありがとうございましたvv
 一言もありがとうございました。返信は追記にて。


お知らせ→『Think! Think!』が残部極少となります。冬コミ結果発表のその日からお取り置き受け付けますので、冬コミで確実にというたいへんありがたい方はこのブログにお知らせが載った日以降ご連絡ください。冬コミが落ちた場合もこの日から新年インテのお取り置きを受け付けます。
※通販・お取り置きあわせて問い合わせメール到着順に在庫を確保いたします。
[続きを読む...]
げんきですかー?
2008年10月13日 (月) | 編集 |
 そんなわけで配達に行った某パチンコ店でひらがなで「でんきけす」と書いてあるのを「げんきです」と読み違え、「あははは、おもしろーい」とか思っていた沙弥です。
 おもしろいのは私の脳味噌でしたという話。マル。

 別館に苦戦中。せ、せめて別窓で出せないかな。これ。
 もう諦めて小説書きたい……。いっそのこと。
 つかずっと小説だけ書いていた(以下略)。

 そんな阿鼻叫喚の別館にけっこうなご来訪をいただきありがとうございます。なんか大勢いらしていただいて恐縮です。
 そしてヤ●ーはとっくに訂正した文字をいつまで検索でひっかけるですか。もうひと月になるってのに。いい加減にしてくれ(怒)。なんのために訂正したんだ。
 
 えーと、それから、リンクの部屋にいくつか振りサイトさまを追加させていただきました。
 リンクフリーのところだけね。
 うち、本館の入り口とトップは検索避けしてないからね。
 あれは故意です。
 なぜかというといまだ一斗同人は検索に頼るしかないから……しくしく。

 最近は某様のマコアキ(こらー!)が熱かった……。うれしーいv

拍手たくさんありがとうございました。
 一言もありがとうございました。
 通販問い合わせは個別に返信させていただいてますのでそれ以外の返信をば。追記にて。
[続きを読む...]
原始人苦戦する
2008年10月12日 (日) | 編集 |
 なかやま沙弥は現在振り別館を鋭意製作中です。
(そのために小説が遅れていてごめんなさいです)
 最初携帯サイトにしようとしてあまりの浮きっぷりにあきらめ。
 次にブログサイトにしようとしてアメーバ(※実はまったく稼働していないブログをいっこ持っている/ミュキャスのブログを逐一監視するため)は検索避けがかけられない事実に気づき。
 がんばってイチからはじめてのソフトでつくってみることにしました。

 相変わらずのパソコン初心者いや原始人沙弥は。

 フレームを使ってみたものの思い通りにページが変わらなかったり(もうこの時点でダメすぎる……/しかも克服できてない)。
 うっかり全角でリンクはったり(原始人すぎだろー!/それ貼れてないし!)。
 新しい作成ソフトでの検索避けのかけかたがわからなかったり。(ついさっき解決しました。明日はかけるぞー/明日か/今日はもう疲れた!)
 アップロードに4回も失敗したり。(ど う や っ て)

 なかなか愉快に阿鼻叫喚中です。

 そんななか、うっかりこのあいだ某チャットでメールアドレスをうかがったかたの(またその件か!)アドレスを消してしまったことを告白するのを忘れていたことに気づき。
 こうしてブログを書きに参った次第です。
 どうりで誰もあのかたの所在を教えてくれないと思ったよ……。
 うっかりけっこう本気で「ついに見放されてしまった……」と凹んでいたよ。
 サイトがなんとなくできあがったら聞きに行こうと思っています。

 実は……寝ぼけまして。
 消してしまったとです。
 下書きのところに保存しててアドレスブックではなかったので復旧できなくて。

 めっちゃめちゃ焦ったというのに……私。
 ここんとこ癇癪起こして目覚まし投げたりしなくなってたから寝ぼけ癖は治ったものとばかり……。(凹)

 ……なんかますます凹んできそうなので先に進みましょう。
 そんな沙弥の現在の阿鼻叫喚をご覧になりたいかたは。
ttp://7voice.web.fc2.com/
 へどうぞ。
 もちろん女性向け18禁の標榜は外しておりませんので18歳以下のかたと腐系に疎い男性は回れ右。
 入ってみると思いきり簡単なページに呆れ返ることと思います。
 そして沙弥の原始人っぷりに開いた口がふさがらないでしょう。
 ついでにホームページNinjaに詳しいかたは沙弥にちょこっとアドバイスしてやってくださいまし。
 とりあえずてれくれの準備号のみupしてます。

 拍手たくさんありがとうございました~。
 あ、別館はあくまでもひっそりとやっていくつもりなので大々的には公開しませんです。ページもほとんど本館からひろってます。そして本館からのみリンク貼ります。
 10月のうちにいっぱいいっぱいうごくぞー。
 とはいうもののまともに動けるのは前半くらいなんだよなあ……あ と 数 日v
 一斗ソート作成までこぎつけられるかは神のみぞ知る。(そんな野望を!)
 ちょう萌えバトンがいっこあるのですが、こんな調子なのでもう少し時間を要しそうです。
 
ぎりぎりになると危ないので
2008年10月11日 (土) | 編集 |
 先に貼っておきます。おやくそくのある方のみお入りください。
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=343061
おやくそく
2008年10月10日 (金) | 編集 |
 とある部署が書庫の整理をやっていた。

 廊下にいっぱいダンボールが出してあった。

 沙弥はそこを荷物を抱えて歩いていた。

 ダンボールとダンボールのすき間になぜかバケツがあった。

 沙弥がそれにけつまづいた。

 あたり一面水浸し(爆)。





 …………。


 少し人生に疲れました。
 そして仕事にも疲れました。今週ハンパなく忙しかった……。


 拍手ありがとうございました~。
ものぐさものぐさ
2008年10月08日 (水) | 編集 |
 書店委託ってどこが審査通りやすいですかね?

 えーと、昨日通販を発送しましたご利用ありがとうございました~。
 ……ところが、ですね。
 おうちに帰ったらなぜか入れたはずのお手紙が机の上にあるんですよ(爆)。何度めだ、これ。
 直接なのに味も素っ気もない通販で非常に申し訳ないです……(涙)。

 毎日ネットし終わるまで自室にはいちども戻らないというものぐさ沙弥。
 このままではいつかどっかでなにかしら大きなミスを出すと戦々恐々です。
 ……そんで、「どーせ審査通らないから」とやる気もなかった書店委託に意欲が出たと。
 わかりやすいなあ自分……。
 まあ、「在庫をどうにかしないとそろそろスペース足りなくなるぜ?」とかそういう事情もありますが。
 書きたいものを書いて売りたいものを売るのが当サークルの方針です。
 その方針に則ると冬コミで「フルカウント」が机上から消える可能性があります。箱の中……。
 可能性っつーか限りなくその可能性が高いんですが。

 まあ、今年は新刊出しすぎなんですよ要は。
 昨年の年末まで含めると『フルカウント』『てれくれ準備号』『sweet×2』『はなこい』『はぴば』『いっしょ』『ゆめみる』『Think!(1~3)』+一斗の『All I want』+合同誌『侵蝕』 計12種! ……って我ながらナニ考えてんだか……。(これに大石リョアンソロ参加が加算される。もちろん過去最高です。ダントツで……というか通常の3倍くらい出してる)
 数えたら頭痛くなったよ。せいぜい10種だと思ってた……。
 うちなくなったのが4種……ってそりゃ場所もなくなるわい。
 委託本はなにがなんでも置きたいので、この場合フルカウントから削るのが順番かと……(って、その理屈で言ったら次は『花恋』じゃないか! 80ページもあると在庫かさばるんだぞ!←そういう問題……)
『Think! Think!』とこれから条件比べて決めます。在庫数の少ないやつから削るか……。そんなことしたら『フルカウント』より先に『花恋』が消える可能性があるけど。
 しかし、こんな台所事情でどの口が冬コミも振りだけで新刊3冊出したいとかゆったんでしょうね! おこがましい!
 でも実は今年は身体キツイけどすっげ楽しいです。本出すのが楽しい! オフラインが好きすぎだね自分。
 反面さすがに体力は落ち気味なので気をつけていこー。おー。

 うーん、でもほんとに……、どこかに預かっていただけないものか。
 在庫かさばるし。
 ナマグサイナマグサイ。

 拍手ありがとうございました~。
 複数質問をいただきましたので(といっても3人ですが←正直)おこたえします。阿部誕生日企画は通販用メルアドでOKです。そっから送ります。
 ただしこのアドレスからの送信は午前0時とはいかないかもなんですが……。(携帯が0時予定)
 返信は追記にて。
[続きを読む...]
チャレンジ! べーこんれたす その2
2008年10月07日 (火) | 編集 |
 きょうは はやりの ばついちに ちょうせん。


 設定はうまいこといったんだ。……設定は。

 高校時代、うっかり1度だけキスしてしまったハナアベ。
 気の迷いだとかなんとかかんとかおたがい自分に言い聞かせつつ3年間を過ごしてほんとは気の迷いじゃないこともおたがいわかりつつ卒業。そのまま気まずくて疎遠に。
 何年も経ったあと、互いにバツイチで再会します。

 バツイチ子持ち(※親権は元妻にあり)の花井と阿部は「今度こそ気の迷いじゃない!」とそのまんまぼーぼーに火がつく……。

 はずだったんだけど。

 どうも、炭火とかそういう火ですよ?  地味めというか……。
 夢見るパン類なわたくしのことですから温度は高いんですが(多分)、なんか、地味。
 互いに子供との面会日で遊園地で鉢合わせとかそういうハプニングも含めて、ひっじょーに地味。
 娘とゴーカートに乗る花井はもはやBLのびの字もなく。
 なんていうの? この阿部のいうところの茶色い朝メシみたいな雰囲気は(爆)。
 やっぱなんかイロをつけないとダメだろうか。

 花井を芸能人にするとか。
 花井を野球選手にするとか。
 花井を医者にするとか。
 花井を弁護士にするとか。

 なぜ全部花井かと言うと、ハクつき男に愛される地味めというのはBLの王道(※沙弥主観)だからです。
 ……あー、弁護士いいかも。
 そんで、元奥さんの経営している会社の顧問弁護士で、「あなた、ダンナとしては物足りないけどビジネスだと話がはやくて助かるわ~」「ひでえな(笑)」とかやってんだよ~。黒くてイイ♪

 ……ん……?

 リセット。

 BLへの道、険しすぎて長すぎなんですけど。
 拍手たくさんありがとうございました~。
べーこんれたすなもうそうのしかた
2008年10月06日 (月) | 編集 |
 あたしって、BLかけないよね。

 いや、冗談じゃなくてまじで下手なんだこれが。
 そもそも妄想そのものがBL的というよりかなりその……、アレというかアレというかアレというか。
 これではイカンと思い、今日はBL的な妄想を練習することにしました。

 とりあえず、BLには横恋慕する男子キャラがいるのが定番である。

 うわあ苦手(こら)。
 読むのはいーんだけど書くのは徹底的に苦手な分野であるコレ。(たぶん同人歴15年弱のうち、過去1作もないと思います)
  それでもいっちょ考えてみるかって考える。

 ハナアベの場合、それぞれ絡んでくるのは阿部が三橋と榛名。
 三橋は私のなかではCP除外。榛名は阿部と組み合わせるとナルシスト的雰囲気が出てきてしまうのでアウト。(私が書くと同族嫌悪と自己愛が外せなくなるので書くとキモチワルイものになるのが目に見えてる)
 榛名は花井とならOKなんですが、……どこに接点が。
 榛名と阿部が同じ人を好きになる確率はかなり相当あるんじゃないかと思いますけど、それが花井となると説得力が足りないですねえ。榛名は基本ノーマルで自分からは男に走りませんから。

 この時点で「振りでは世界の全員が阿部を好きなんだよ!」と言ってしまえないところが私のBLへの道への致命傷なのだとなんとなくわかってはきたが目をつむって先へと進む。


 両方と縁が深い関係者→水谷
 あー、これはないこれはない。野球のライバルとかならともかく、水谷は無理してまで他人といさかいを起こすようなタイプじゃないだろう。


 じゃあ、花井の関係者に移ろう。
 田島……。確かにいちばん有力ではある。
 ただし、阿部を好きになるというのはいまいちかなりピンとこない。
 花井とのほうが親しいし、そういう点から考えても花井と阿部並べたら総合力では花井に惚れるほうが断然説得力がある。今の状況で阿部を選ぶくらいならそもそも男に走らないだろうと思う部分が私のなかにあるのです。
 しかしそこで、あえて目をつむってみる。阿部に惚れる田島。(ううっ、考えにくい)
 そうすると、こうなる。

1. 田島が「オレ、阿部のことスキなんだ」と花井に言う。
(もうこのへんからかなり間違えている自覚はあるが半ばヤケクソぎみに進む)

2.花井が『こういうこと屈託なく言えっからこいつにはかなわねーんだよな……』と自分も阿部を好きだけどそれを隠して田島を応援する決心をする。
(どうしようもなく間違っているが以下省略)

3.だけど阿部は花井を好きだった!

4.それを知った田島は「やっぱりスキなヤツとトモダチには笑っててほしーもんな!」と花井と阿部の応援に……。

 ……とりあえず疲れを感じました。
 この話のことは忘れてくれ恥ずかしい~(じたばた)。
 だったら書くなとかなんとかかんとか。


 じゃ、じゃあ逆いってみよう、逆! 田島が花井を好き……あるいは花井に横恋慕。
 ……。
 …………。
 ………………。
 あ、いっこ思いついた。

 25歳くらい。
 プロ野球選手として活躍していた田島が大きな事故に巻き込まれ、「再起不能か?!」と言われるほどの大怪我をする。
 本人もすっかり自暴自棄になってしまったが、それを支えたのが親友である花井だった。
 花井の友人としての献身を受けるうち、田島はやがて花井に友情以上のものを要求するようになる。
 花井は阿部とできてたけど、好きなのは阿部でも田島のことは見捨てられずいったん阿部とお別れすることに。
 そんで花井は田島のそばに。
 けど、怪我が治って球界に復帰できると、田島はそれが依存だと気がついてふつうに女性と付き合うことに。
 花井は笑って友人に戻るも、しばらくして姿を消してしまう。
 田島が婚約する段階になって、はじめて阿部に田島と花井が切れていることが知れる。
 田島と花井が友人に戻った頃、阿部には縁談がもちあがっていて、花井は阿部と田島の両方に気を遣っていなくなったのだった。
 阿部は花井を探して三千里を決心。
 そのときになって、はじめて花井と阿部ができていてしかも田島のことで別れていたことを知る田島も阿部に全面協力。

 ……ん……? 

 …………。


 ……なかったことにしよう。

 ねぎ大明神、ねぎ大明神。明日はすてきな妄想ができますように。
 そんなこんなで拍手たくさんありがとうございました~。
 キモい妄想文のあとのお礼ですみません……(土下座)。
んで今週は
2008年10月06日 (月) | 編集 |
 日付またいじゃったなー。

 今週はハナアベえろすを書かねばなるまい。
(ってアレわたしのことじゃないよね。自意識過剰よね、うん。どきどき)
 んー、こういうのはとことんバカになったほうがいーんだよなあ。うーん。


 ある日あべたかやは生まれてから15年通り続けた道ではじめて見る神社をみかけます。
 その名も『ねぎ神社』(爆)。
「なんだここ?」とうっかり中に入ってしまったあべたかや。
 境内に立ったそのとき、不思議な声が。
『我は愛の神ねぎ大明神。おまえの処●わねぎに捧げよ。さすれば願いはかなうであろう』
「……ってオレ男だけど」
『我を必要とする者にしか我が声は聞こえぬ。よいか、おまえの処●をねぎに捧げよ(以下略)』
 そこであべは目が覚めました。
 ふつーに自分の部屋です……が頭も喉も痛くなってました。
「なんだってんだ、クソ」


 ……ってさすがにバカすぎかなあ。
 そもそも愛なんて概念は昔の日本にはないんだよとかそゆこと言い出したらきりがないんですけど。
 こんなんでも起承転結つけないと気が済まない自分が痛々しい。
 でも、案外ねぎを使う花井に違和感があるんだ違和感が……。最中はけっこうすんなり浮かぶんですが過程が。いまいち。
 いろいろ考えずに勢いで書きなぐってみろよと思わないでもない今日この頃。
 でもだって花井がだいすきなんだもんー。
 ま、今週はこんな週です~。

 テニミュの日記が長すぎて多すぎてめっちゃログ流れてるよ……。はははは。
10月4日名古屋アフター
2008年10月05日 (日) | 編集 |
 ……さて、公演がずいぶん押していたので集合時間過ぎちゃったんですが。
 公演後、イサコさんと合流しました~。おくれてすみません。おかしありがとうございますv

 他になんもなくて銀座ライオンでアカツキさんとイサコさんのご飯を見守りつつお茶~。
 舞台の話になるとイサコさんとアカツキさんのやりとりが凄かったです。ふあー、ちゃんと観に行ってるひとはやっぱ違うな~。

 あとの話題はもっぱらミュとテニプリ関係。
カヲル「カトベほんっっっとうまかった!」
沙弥「そだねー。歌詞全部聞き取れたし」(テニミュつてそゆことにいちいち感動できる舞台だよ)
カヲル「音響のせいもあるかもよ?」
 それはない。勤福はどこもそんなに音響よくないよ。あれはカトベがすごいんだよ。
 現に他キャストはそう変わらないもんねえ。
 もっとも、東京公演の会場は音響ひどすぎるということもありますが……。


アカツキさん「中国の実写テニプリがもうひどいんですよ~」
沙弥「そんなに?」
アカツキさん「全員桃城みたいな」
 ……は?
アカツキさん「不二とかも含めて、全員桃城みたいな髪型なんですよ。『おまえたちそのうち集まってキング桃城になるんちゃうか~』みたいな感じ」
 キング桃城(笑)。
 そりゃ奮っとるわ。
カヲル「ひとりくらいタカさんは混じってないの?」
 おい。(ツッコミ)
アカツキさん「全員黒髪ですから~」

アカツキさん「こんどの仮面●イダー電●の映画……」
カヲル「通出るよね!」
 すばらしい食いつき(笑)。
沙弥「そーそー。主演なんだよね」
 あたし、妹に連行された連れてってもらったキバの映画でみたCMでそれ知って、うっかり「どおり~!」って姉妹で反応して恥ずかしい思いをしたよ。
カヲル「え?! キバの映画行ってたの?! 声かけてよ! あたし、ひとりじゃ恥ずかしくて行けなかったんだから!」
 いや、あれには深いワケがあってだね……。
 けっこう急なおはなしだったのです実際。
沙弥「じゃ電●は一緒行こーよ。どうせ通みにいくから」
カヲル「行く行く」
 ちなみに沙弥は歴代りょまで通がいちばん好きです。
アカツキさん「佐藤と通って同じ事務所なんですよね」
沙弥「ア●ューズか!」
アカツキさん「通のブログ佐藤とU原ばっかりですよ。『おまえ佐藤とU原好きすぎやろ!』って感じで」
 ああ、通のブログはフリーダムだもんね……。(しかしミュキャスではダントツでおもしろいと思う/兼ちゃんのは別の意味でおもろいけど/※ボケすぎとかそゆ意味。あと事務所社長のブログと並行して読むとおもろい)
 じゃあ佐藤が●ーキーズでも人気出たからそれ逆手に捩じ込んだのか。やるな●ミューズ!
 そして事務所談義に花が咲く。

カヲル「ほんと、エ●ベックスはねー」
沙弥「むかつくv」
アカツキさん「ばっちもカトベも事務所うつればいいのに」
 うえ、カトベって弱小事務所じゃなかったんか。うつったんか。(情報遅いよ沙弥!)ダメじゃん。
カヲル「ワタ●ベに?」
アカツキさん「いえ、ナベも大概ですよ~」
 あたしも、そー思う。
沙弥「Dボまたひとり抹消されてたしね」
アカツキさん「またですかー?!」
カヲル「じゃあ星屑……」
アカツキさん「そこも大概ですよ」
 あたしも、そー思う(笑)。
 もうみんな●ミューズにうつって、ア●ューズの天下になればいい! とすら思うナリよ。
アカツキさん「そーいえば、あたし、平田が鯨ちゃんと同じ事務所って最近鯨ちゃんのブログではじめて知りましたよ! よかったですね、しっかりしたところでv」
沙弥「えー、Y.●.Oなんですか?!」
 沙弥、即答(笑)。
 あそこ、美形はいないってイメージあったけど(こら)、平田君はあそこいったんだ?!
 事務所の力なさそうだけどそれは嬉しいぞ!
 つか、最近鯨ちゃんのブログみにいってないなー。チェックしないと。
 そして帰宅した沙弥は平田君のブログができていることもはじめて知るのである。(遅)
アカツキさん「鯨ちゃんのブログみるとなごみますねー」 
 うんうん。

 あとはディアミュは脚本演出音楽総とっかえしたらだいぶよくなったとか、そゆ話で盛り上がる。
(鯨ちゃんと兼ちゃんの写真のおみやげありがとう)
 途中沙弥は頭痛でダウン寸前までいってイサコさんに痛み止めをいただいてしまいました。ありがとうございます。
 なんか最近ほんとに調子悪いです。迷惑かけてすみません。

 そんで4時になったのでおもむろにイサコさんとアカツキさんとはおわかれです。(早)
 イサコさん夜公演楽しんできてください~。アカツキさんまたお会いしましょう~でおわかれ。さみしいのう。
 夜はカヲルさんの希望で大須の巫女居酒屋にいってきました。ちょい道迷ったけど……。
「当店ではお客様は神様です。なんなりとお申し付けください」ってそゆコンセプトで巫女か!
 甲子園と同じ恋みくじがあってちょっと微妙な気分でした。
「上杉謙信 毘沙門天」なるカクテルを飲んだんだけど、日本酒とカルピスと牛乳て。牛乳とカルピスに日本酒が負けてて酒の味がしないんですけど(笑)。
 カヲルは「明智光秀 下克上」でした。氷帝の後ですからね。
 コースターが頼んだカクテルの武将の家紋になっていてなかなかステキでした。
 ごはんもおいしいし、個室もあるのでまた誰か連れて行きたいと思います。(迷ったから道も覚えたぜ!/←こら)
 そして痛み止めの薬が切れる前に豊橋に帰還しました。はー、途中どうなることかと思ったけど楽しかった~。
 しかし翌日は調子よくなくてふらふらだったそうです。寝とけの1日でした。
 こんなんですがまた懲りずに遊んでやってください~。

 そんなこんなで拍手ありがとうございました。
 また寝よ。そんで会社行かねば……。あー気が重い……。
 最近調子悪いのは精神的なものもあるみたいよ(ぼそ)。
そんなわけでカトベ名古屋公演日記
2008年10月05日 (日) | 編集 |
(※5代目青学、特に大石役辻本くんフアンはお読みにならぬよう。回れ右してください。苦情来ても私はまったく意に介しませんから)

 そんなわけで昨日はテニミュ名古屋行ってました~。
 10月からはカトベこと加藤●樹くんが満を持しての復活とあって、もーダフ屋は出るわ「チケットゆずってください」の人・人・人だわ公演中にカトベを間近でみて前の席の人もとなりの席の人も泣いてるわタイヘンなことになってました。
 ……改めて、カトベってすごいのね……。
 いや、斎●工も10月復帰ですけど。こっちもさすがの出来でしたけど。

 場所は、愛知県勤労会館です。
 L⇔Rが一発屋と呼ばれる所以になったシングルを発売するまで使用していたということもあり非常になじみのある会場です。
 昔はよく通ったもんだよ。ずいぶん久しぶりだが。
 サークル・サイト名がL⇔Rの曲からきているのはご覧の通りです。
 あんなに出入りする場所がまる見えの会場でキャストは大丈夫なんか? 山ほど出待ちが出るんじゃないか? と心配しつつ鶴舞へゴー。
 鶴舞って、公園の敷地内に図書館やら球場やらイロイロあってそのひとつに勤労会館があるってだけで他のものはなーんもないし、昼間にお茶できるのもドトールくらいという「名古屋って都会じゃないの?」っていう感じのところです(まあ、愛知はどこも田舎ですよ。うん)。
 豊橋からカヲルと移動して(なにしろ最寄りのローカル線の駅から一緒だから)、勤労会館前でアカツキさんと合流しました。
 お久しぶりです~vベスアクの握手会ゆずってくれてありがとうございました~vv な再会です。
 ここんとこほんとにテニミュでも公演が合わなくて会ってなかったのです。
 なんか別方向にはまってて夏公演も8月に1回観たきりらしい。仲間、仲間。
 そんなわけで青学5代目を知らないというアカツキさんに5代目の間違った知識の伝授。
沙弥「もー、大石がねー、ひっどいの!」
カヲル「あー、沙弥ちゃんもそー思った? あれはすごいよね」
アカツキさん「そんななんですか?」
カヲル「いや、でも合わないってだけで辻本クンが悪いんじゃないよ? 彼はがんばってるよ? 悪いのは、彼 を 大 石 に 選 ん だ ス タ ッ フv」(それはそれでひどいな!)
沙弥「もー、声がカン高くてねー、無駄に手足バタバタしてて、すっごい坊やなんだよ! 黄金ペアってのは大石が静で菊丸が動ではじめてバランスよく成立するようになってんのに、菊丸はかわいいけどどっちかっつーと菊丸としてはおとなしいからもう同じくらいになっちゃっててね、メリハリなくてつまんないし、アイツ顔もぜんぜん大石じゃないし、もー台無し! サイアク! ずっきーくらい魅力があればなにもかも許せるけどアイツには魅力もない!」
 沙弥、相当うっぷんが溜まっていたようですすみません。大石にはほんとにこだわりがあるんです。
アカツキさん「そこまで言われるとかえって興味出てきますね……」
沙弥「あれはね、大石じゃなくて、ヘリウムガスを吸った……」
カヲル「えな●かずき!」

 ヘリウムガスを吸ったえ●りかずき(爆)

 つねづね思いますがこれがまるきりのアドリブだというのだからカヲルの「しゃべり天然系」は本物です。(そしてあたしは「行動天然系」と呼ばれます。行動のすべてがボケでヘン……らしい。同時に発動するとタイヘンなことになったりも……)

 そんなこんなで軽くパンとか食べて、会場内へれっつご。12:00開演です。
 8月のとき「これがカトベだったら……」「これが渡辺手塚だったら……」とさんざん思ったこともありけっこうかなり楽しみにしていました。
 やはりさすがの青学4-氷帝B。前回ダメだった4代目キャスト(菊丸とか乾とか)もかなりがんばっていて楽しめました。
 そのなかでもやはりカトベは神でした。
 フアンじゃないのにうっかり目がいくもんなー。あたしゃ4代目海堂の平田君を観にきたんですけどー。あーまたカトベに目が~。
 華があるよね……。そんで出来も桁違いだ。
 前半うまいけどやや音が低めに入るかなと思ってたけど、後半は完璧に修正てた。
 役者としては言わずもがな。本物の氷の笑みですよ。本物がいるよ!
 見とれて鼻息荒くなったよ! ビバ、カトベ!
 ジローのアドリブが「あとべ~、今日誕生日だよねvおたんじょーびおめでとー!」「だ・か・ら、今日はゆっくり座っててよ!オレが試合やってくるからv」(たぶん/うろ覚えですみません~)だった。ちょうかわいい! あのジローかわいいくせに総攻でじつにあたし好みだなあ! また日吉のズボンおろそうとしたし! このツンデレスキーめ! あ た し も だ よ!
 前半は跡部と宍戸がおとなりに座ってる間にちょこんと入っちゃったりしました。ツンとツンに囲まれやがってこいつうらやましいじゃねーか! ……って沙弥がなったのは言うまでもない。
 あたしぶっちゃけ跡部スキーですらないはずなんだけどなあ……これが華ってヤツか。おそるべしカトベ。
 宍戸と跡部が視線合わせるたびにひっくり返りそうになった(ケンケン! ケンケンーっ!)。りょまが跡部の背中に頭をこつんと預けたとき心のなかで「フギャッッ!」というけったいな叫びが聞こえた。それはあたしの理性が死んだ声……。
 忍足もやはり段違いだし、氷帝ほんと素晴らしかった! 圧巻の出来でした!

 そしてたいへんお久しぶりの青学4代目。やっと会えたよ~。8月からこっち、どれだけあたしが4代目を恋しがっていたことか!
 そんなに5代目大石イヤだったんか……。うん(頷)。
 沙弥は青学の好き嫌いが5割くらい大石で左右されるので(そして海堂が3)、もう「この公演の青学の楽しみは平田君だけだよ!」と思っていました。5代目海堂……、わるくないんだけど鯨ちゃんに似せすぎなのと、四天はせっかくの桃海ダブルスなのに……(泣)というのと(※察してください)、歌唱力以前に音感がないのが気になってさらにあの大石のことがあるのであんまり感情移入できないのです。
 それにしても4代目大石豊田君はがんばってたなあ。比嘉公演とは雲泥の差でした。
 それでも「これがユッキーだったらなあ」と思うことを止められないのはユッキーが素で大石キャラだったからでしょう。
前半が終わったときに、カヲルが「大石って……大事なんだね」とつぶやいたことが忘れられない(今気づいたんか! そーだよ、大石は大事だよ!/笑)。
 アンタ「顔が似てないのは3回観れば慣れるけど声は慣れないのがわかった」ってゆってたもんなー……。
 平田君が歌がド下手だと言われている理由が直接聴いてやっとわかったよ。
 ソロになると海堂役のためにドスのある声を出そうとするんだけど……、ちょっと、力を入れるところが違うんだな。そこじゃないんだ。そこここでもないんだ。
 誰か指導してやってよ。明らかに出し方が間違っているよ。あんなところに力を入れてたらキープできる音もキープできなくなるだろ(聴けばだいたいどこに力入ってるかわかるうえに6列目だから見えるんだよなー……)。声つぶれちゃうから頼むからちゃんとした人に指導を仰いでくれ。せっかくいい声してるんだから。
 舞台に走って行って「こことこことここちがう! 力入れるのはこっちー!」って言ってやりたい気分になったよ。あはははは。(乾笑)
 なぜか最後の短いソロパートだけはふつーに歌ってたな(不安定な体勢だからいじれないんだろうか/笑)。将来のこともあるからあんな発声させるよりは良い……が、やっぱり「声たっかー!」と思った(笑)。それが素か! 少年声っていうよりはハイトーンじゃないか。……好みだわー(笑)。
 見かけは完璧な海堂なのにねえ(笑)。
 でもほんとに海堂がこんなだったらち ょ う 萌 え! なんすけど! ハイトーン大好きv
 うん、ふつーにうまいです。あんな発声しなければ(笑)。
 そんなこんなでアンケートの裏面の半分を平田君にさいてしまった。イカンイカン。
 どんだけコケても「うーんかわいいなあ平田君……」になってしまう。それがフアンというもの。

・ももちろがタオルを投げるシーンでタオルがうまいこと飛ばずにももちろのところにぽてーんと落ちました。「風を読む」て読んでない読んでない!(ツッコミ1)
・無我のりょまがバイキングホーンを真似ようとしてラケットを落としました。「容易くコピーする」て容易くない容易くない!(ツッコミ2)
・跡部とりょまの試合でふたりだけ残して静止して他のひとたちがひとりあたりずつ出てきては歌ってはける場面で間違って出てきたあれは誰だー?(笑)
・さいきんヤ●カが凛の格好していると美形に見えます(死)。
・アドリブで『俺様の美技にブギウギ』の替え歌歌って一瞬しか出てこない断髪後跡部に生温い目で見守られていました。平古場もゆるー。
・ところであの●ピードワゴンを彷彿とさせる断髪後跡部のヅラはどうにかなりませんかネルケ。

 そういえばアンコール『Seasons』(つづり違ってたらゴメンです)やったんだよーvほくほく。
 平田君は降りてきてくれなかった。ざんねん。

 アフター分けます。ここでいったんキリ。
 家業のおてつだい行ってきまーす。

 拍手ありがとうございましたv
ぶじかえってます。
2008年10月04日 (土) | 編集 |
 名古屋公演の感想は明日書きます~。
 公演後お茶してる途中で頭痛でダウンしてすみませんでした&ごめんなさい~(やらかしたか/やらかしたよ)。
 しばらくなかったのでしょんぼりです。
 今は痛み止めが効いてます。
 イサコさんにもらった優しさがきいてます。
 身に染みる……。ありがとうございました。

 それにしてもカヲルという女はほんとうにつる●剛と似ている。
 生まれた日が同じ言うのはあなどれないと改めて思った。
 ちなみに、ヤツはセミのかわりにインコの話をします。
沙弥「あ、この地下鉄のエコきっぷ、信長秀吉家康だ」
カヲル「ほんとだ~。『鳴かぬなら 鳴くまで話しかけてみよう セキセイインコ』だねv」
沙弥「…………」
カヲル「いや、インコはほんとに最初はしゃべらないけどしつこく話し掛けてれば2カ月くらいでしゃべるようになるんだって! きっと『こいつしつけーな。しゃべるまでやめねーな』とか思うんじゃない?」
沙弥「今、この話の流れでなんでインコが出てくんの?!
カヲル「だって、沙弥ちゃんインコがしゃべるの信じてないと思って」
沙弥「アンタからもう1万回くらい聞いとるわ!

 たとえば。
カヲル「東京公演の会場の近くに、ショーウィンドウに大きい子がいるお店があって、けどこないだの公演のときそれが白い子に変わってたの。さみしいよねー」
沙弥(ぬいぐるみかなにかだと勘違いしてよっぽどそのショーウインドウが気に入ったんだなとか思っている)「へー、内装変えたかなんかしたかね」
カヲル「っていうか、死んじゃってたらどうしようと思って心配で……」
沙弥「……ちょっと待って。なんの話?」
カヲル「インコ」
沙弥「またインコかい! ……ってゆーかアンタさっきからそんなことひとことも……いやでもそれは確かに心配だけど……あー! もー!」

 私たちの時間はこうやって過ぎていきますv
 いつもですv
 ……だけど、なんでだろーな。
 アンタにツッコミ入れると生き返ったような気分になるのは(爆)。
ちからつきてました
2008年10月04日 (土) | 編集 |
 ぐーすかぴー。
 ZZZZZzzzzz……。

 ……はっ?!
 あたし、床で寝てた?!

 これが、ゆうべのこと(爆)。
 風邪のためいそいそ寝床へ移動しました。
 しかしハラがくだってきたせいで起きた。午前5時。
 今に至る。

 7組オンリーのサイトができているなあ。リンク貼らねば。

 そんなわけでとても本をつくっている状況ではなかった沙弥。
 今日はふらふらと名古屋にいってきます。
 ケンケンと、平田をみにいってきます。
 かなり鼻声なので言葉が聞き取れないときはご遠慮なくおっしゃってください。

 さすがにそろそろ本格的に復調したいので明日は1日寝ていようと思います。
 はよ歌える状態になりたいです。
 せっかくカラオケで歌おうと思って「蛍」買ったのに(※通販/やっとデコレ村オールスターズも買ったよ~黒沢兄弟のために!)。
「おくりびと」も買ってるんですが「蛍」にいきなり大ハマりしてぜんぜん聴いてません。
 なんでそんなカラオケ向きじゃない曲ばっかチェックしてんの沙弥。
 友人結婚式の歌の練習はどーした沙弥。

 でも、この時期にちょっとお勉強しようと思います。……データ入稿の。
 よく見るとわかると思いますが、実は、今、アナログなのです。
(そんなわけでNぼるさんにはたいへんご迷惑をおかけしています)
 やっとノンブルが入れれるようになった(そこまで酷いんか!)ので、がんばります。
 文章だけ書いてれば本やサイトになる世界に行きたい……。

 拍手たくさんありがとうございました~v
 返信は追記にて。(すみませんありがとうございました!)
[続きを読む...]
今年の企画
2008年10月03日 (金) | 編集 |
 やっべーねむれない(※凹みすぎです)。

 この精神状態じゃなにもできないから、ちょっとお知らせしようっと。
 今年の7Voiceの阿部誕生日企画のおしらせです。

 とはいうものの、きわめて極地的な企画です。

 沙弥のメールアドレスをご存知の方は、そちらに希望送付先のアドレスをお書きください。
(※このアドレスは1回限りで破棄します)
 私が携帯アドレスを知っている知人は問答無用でケータイにおくります。
 受け取り方ですが、前日までに沙弥の登録名を1日限定で「花井梓」にしてください。
 ……もうわかりましたね? 貴女を阿部に見立てたなりきり「誕生日おめでとう」メールが入ります。

 実はこの企画、知り合い相手に今までもごくごくたまーにやってたのですが……。今年はもう少し手を広げてあそんでみようかなと。
 とはいうものの、人数は知れてるでしょうが。
 気が向いたらこの遊びにつきあってみてください。
 ちなみに告知はこの1回きりです(笑)。
 自分でも痛々しいと思うもん……。
土下座謝罪
2008年10月02日 (木) | 編集 |
 えー、のっけから私信です謝罪です。
 通販のなかにつけたお手紙について。対象者の方はなんのことかわかると思います。
 あたし、やっちゃいましたよね。
 申し訳ございません。申し訳ございません。
 対象でない方にはなんのこっちゃてしょうが、沙弥、またしても前代未聞の大ボケをかましました。気が済むまで謝らせてやってください。
 ほんとうに申し訳ありませんでした。

 なんとなく「……あれ?」と思ったのが今朝だったというのがまたイタい。
 今日はなにも手につかなかったよ……。動揺して。
 すみませんすみません。




 ……えーと、さて、おお振り西浦CPソートをやりました。
ttp://25banme.web.fc2.com/nishiuracp.html
 かなーり疲れました。
 以下沙弥の結果。10位まで。

1 花井×阿部
2 阿部×花井
3 田島×花井
4 水谷×栄口
5 巣山×水谷
6 水谷×花井
7 田島×水谷
8 花井×栄口
8 花井×水谷
10 阿部×水谷

 10位までに阿部攻がふたつもランクインするカオスっぷり……。
 ようするにあたし花井フアンだから基本花井以外に阿部をあげる気があんまないんだね。
 あんまというか「ないない」を一度も使っていない阿部受が花井・水谷・栄口しかないというあたり、花井以外に阿部を犯らせる気がこれっぽっちもないと主張しているようにしか見えない。
(※水谷と栄口に失礼である)
 花井の名前が受攻問わずどしどし挙がるのがまたカオス。

 そして下位には、CP除外キャラ・ノーマルしかないと思っているキャラ・ペットに手は出しませんキャラ(謎)がずらりと並びました……。西浦の子は基本的にマネを除いて(こだわるなあ…)みんな好きなので、下位にきたからといってべつにそのCPがどうのというわけではないし、私は基本的に百合以外はなんでも読めるのですが(百合は読めないというか男がいないと読んでも楽しくないので読んでてなんとなく申し訳ない気持ちになるのです)。
 しかしぶっちゃけ志賀とか入れてくれると嬉しいのですがね。
 あたし、たとえば巣山受は全部「ないない」で通していますけど、志賀×巣山ならアリですよ。(←こらー!)
 桐青だって監督×河合ならきっとたぶん書けると思うんだ。……っつーかたいがいの河合受は大丈夫な気がす(強制終了)。
 武蔵野の監督がもっといっぱい出てくるといい!(祈)
 それか! 結論それか!(自分ツッコミ)

 拍手たくさんありがとうございました!
 なんかあんま反省してなさそうに見える……。生きててごめんなさい。
 ほんとはけっこうマジで胃に穴が空きそうです。胃薬がきかない……。
 そんでもさすがにそろそろレスしないとまずいでしょうということで、拍手と一言(※本の感想等)レスは追記にて。
 テンションひくかったら……すみません。

 でもほんとはけっこう急いでいたので(寝坊したから/ぼそ)なにを書いたかあんまり覚えていないのだ! どうしようこの謝罪さえ的外れだったらどうしよう!(泣きそう)
 最近ミス多すぎ……。すみません……。
[続きを読む...]
かいしゃやすんじゃった……
2008年10月01日 (水) | 編集 |
 体調悪化のため会社を休む。
 年2回くらいあるのですが……。
 今回は、仕事がちょうど年2回くらいのヒマな日(のはず)だったのでそれなら体調回復に充てようと思い休んだ次第です。いつもみたいに前後不覚(だいたい、体調不良で休むときはそんなかんじ)ということはない。
 どうせ有休は残り●日……どうしたって使い切れん。1カ月以上休んだって使い切れないんだから。
 それにしても、こう長引くと嫌ですね。今のうちって感じもするけど、週末テニミュなのに。
 喉が腫れないって大きいですよね。熱があっても動けるもん。
 でも日記はともかく小説は文章になりません。しおしお。
 しばらく原稿専用機に向かっても「うがー!」って癇癪起こしてやめてしまう。うがー!
 なのに新ネタがぽろぽろ出てきます。そんなに書けねっつの。
 すでに来年の新刊予定はいっぱいでこなせるかこなせないかっつったらこなせいないの確実なんだからそんなに新しいものばかり出さんでくれ私の脳。
 それから花井梓巫子物語ってなんなんだ私の脳。
 奮いすぎだ私の脳。
 あと、某メルマガを「花井」と「阿部」に脳内変換して萌えてました。一粒で2度美味しい。えへへ。
 羽根やっぱりハナアベとちょっと似てると思いますよね……。特に根津がね。
 花井は羽生のようなおバカではないけど、リリカルっぽく(笑)書くと花井に似るのです。
 羽生はほんとは本能が発する以外の言葉しゃべれない子ですけどね。
 根津はおもくそツンデレ策士キャラなので私も混ぜないように四苦八苦しています。だから阿部が不必要に乙女に偏るんだ……。ちゃんと書き分ける筆力があればそんなことしなくていいはずなのに。
 一斗みたいなカズマ専用ツンデレじゃなく(あ、甲斐兄にもか……)、根津は程度の差はあれどすべての人に対してほぼツンで、ときどきデレです。ちなみに一斗と鹿野と羽生にデレ多し。
 意識しないように意識しないようにと思ってはいても、「だーっ、だめっ! 似てる!」と思うと投げ捨ててしまいます。
 よって、阿部がどっちかというとデレに偏る傾向があるのです。
 いちばんの相違ポイントは色気だろうけど、「そこはかとなく」エロな根津と「垂れ流し系」「そこにいるだけで」エロな阿部の違いをちゃんと書き分けれません安西先生! 筆力が欲しいです安西先生!
 どっちもおまえの偏見だ沙弥……。
 けどどっちも大好きだ……。
(※あと、どちらの作品にも『安西』なる人物は出てきません念のため……) 

 今年もインフルエンザの予防接種は受けとかないとなー。
 冬コミで拾ったら大変なことに……。
 拍手たくさくたくさんありがとうございました。すっごい嬉しいです。
 ……しかしここまで書いて、右肩が痛くてたまらなくなってきたと書いたら怒りますか……?
 ほんとはネタも書きたいけどちょっと限界ですすみません……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。