年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばってまーす
2009年03月01日 (日) | 編集 |
 ううううう、受花井意外にむつかしい……。

 ご存知の通り、沙弥はけっこう嬉しげにえろを書く人です。
 けっこうというか、マジで「えろ書くの大好きです」と公言しています。
 発行している本の半分以上が成人向けです。

 しかし、花井受はけっこう大変ですね。
 なまじっか受としてはツンデレ要素の強い男なだけに、阿部とかぶらないようにするのがとても大変。
 かぶってもいーんですけど、ハナアベもタジハナも強制的に読まされる身内はそれじゃつまんないよね。がんばるよ。

 そんで、阿部の場合は「声が大きい」という、その場で「どんどん喘がせると良い」と直訳できるエロ要素があるから肉づけしやすいというかまあそんなかんじなんですが、花井は……。

 しょーがないので、少し奥ゆかしめにしようかなと思ってます。ちゃんとエロくなるだろうか。ううう。



 そんなタジハナ阿鼻叫喚の修羅場中、昨日の同棲ハナアベは「まだ片思い同士なのに同居してお互い右往左往しながら一緒に暮らしているはたから見たら殴ってやりたくなるようなハナアベ」に変化しております。
 クーラー代節約のために同じ部屋で寝ようとして、「ね、眠れねー……」ってふたりとも寝不足になるようなハナアベ。
 お互い金がないのは知ってるし、「女は連れ込まない」が同居のお約束なので一緒にいるうちは彼女ナシだろうと妙に安心しちゃってる阿部。(常に詰めが甘い)
 阿部に彼女ができないかいつも心配でやきもきしつつ告白する勇気も度胸もない花井。(ヘタレ)

 淡々とした話なのであんま書く気はないんですが、けっこう萌えません?

 ……わたしだけですか。そーですか。

 拍手ありがとうございました~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。