年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にらめっこ
2010年01月28日 (木) | 編集 |
 5月までのスケジュール帳を眺めながらうんうん唸る。
 本格的になってきた胃腸風邪は威力を増して上陸中。全身の関節と腹が痛いです安西先生……。

 まず3月HARUにハナアベ。

 そんで5月2日に大鳥2冊。

 3日にハナアベ1冊ただしオムニバス形式で計3本。

 6月のオンリーにまた本を出す。

 このスケジュールのどこかにビクフリ本をつっこめるのだろうかと。

 単純にまず減らすとしたら大鳥なんですが、大鳥でスペースとって大鳥の本が2種しかないというのがものすごく嫌なんでそれも却下。
 ハナアベが今の主ジャンルなのでこっちも減らしたくないです。

 さらに、今の状態でビクフリを発行するとしたら発行数は30。
 そうなるともうコピー本しかできない。さっきまで某T出版の某セットのページ見てうんうん唸ったけどやはり無理。
 じゃあどこでコピーして製本するの? って話で……。
 5月2日は当日東京入りなのでやってるヒマがない。
 地元にはまともなコピー屋さんがない。
 HARUのお泊りのうちにコピーして製本するのがいちばん現実的かな……。ううできるか? できるのか?

 うなっている間に書けばいいのにという話です。悩むのが趣味なのかもしれん。

 あとT出版が「果ての夜」でやらかしてくれちゃったので印刷所も迷うところです。
 1回くらい苦情言って終わらせとくかなあ……。

 具体的なやらかし内容を申し上げます。
「おなじ空~」と「果ての夜」の本文を見比べてください。
 その2冊は、まったく同じ段組みで同じレイアウトで同じ入稿形式で同じように印刷をお願いしています。
 ……なにをどうやったらそんなに文字が小さく印刷されんの。
 なまじ同じ印刷所の「かわうそ。」もまともなので2重に疑問です。同じだったら印刷所の個性かと思うんですが……。
 下馬評からも経験からも悪いのは裁断だけだと思ってたけど……。
 まあ文字本なので傷は浅いです。読めますから。
 うちが漫画サークルだったらこの反応じゃ済まないよなあ。
 自分が使う分にはいいですが、今後はとても人様に勧められないなあと思ったり。
 たぶん、絵だと露骨に小さいのがわかるしやり直すだろうとは思うんですけどね。

 ただ、直接入稿できて、時間も30分くらいなら待っててくれて、人と人との話で言うと至れり尽くせりなんですよね。
 どうしようどうしよう。そればっかりです。

 いろいろ悩みつつ明日へ続く。
 拍手ありがとうございました!
 レスは明日にさせてください~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。