年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時刻表とにらめっこ
2010年03月15日 (月) | 編集 |
 ……うん、配達してからでもコレに飛び乗ればなんとかいけんじゃね?? ドリライ千秋楽!

 というわけで、ダメ元で千秋楽トライしてみることにしました。


 昨日のライブビューイングほんとよかったからなあ。

 ものすごーくぶっちゃけますが、最初のうちはそんなテンション上がらなかったんですよ。
 生で観た公演どっちも四天がBキャストだったんで、A四天が歌い出した途端「ああああ~(がっくり)」ってなっちゃって。
 特にA白石。なんであのひとはああ何をやらせてもダメなんだろう。努力している気がしない。
 千秋楽なんだから純粋に実力で選んでくれてよかったのに、とかものすごく失礼なことを考えていました。
 いや、四天全員いたら間違いなくAを選ぶんですが……。財前ただひとりのために。(※ツンデレスキー沙弥)
 そんで、ももちろがエラい台詞走ってて、「なんか緊張してるか?」と思った。なんぼなんでも早口すぎだ。
 というわけでつかみはNGでございました。

 でもやっぱり立海がね~。
 もう赤也(元気)みてたらテンション上がっちゃって上がっちゃって(わかりやすい)。
 そしてミスター!(※真田(テニミュ最多出演らしいですね~。言われてみれば確かに……))
 ほんとに、最初は外見とか雰囲気は真田なんだけど喋り出すとぎこちなくてダンスもそんな大したことなくて歌うとがっかりだったのに、なんて凄い成長ぶりなんでしょうか。
 あれだけ歌って踊れて演じられるようになったら、舞台にいるのがさぞ楽しかろう。
 なまじっか最初を知っているだけに、感慨深いです。
 どっちかっていうと嫌いなキャラだった真田や赤也にこんなにはまる日が来るなんて思わなかった。ありがとう兼ちゃん。ありがとう元気。ふたりのおかげで立海大好きになったよ。
 そんで、代替わりしてからというもの蓮二が熱い!(笑)
 ちゃんと蓮二で、それにプラスしてとても魅力があります。大好きです。
 さらに幸村が……! まっすーちょうかっこいい!
 ライブビューイングでアップになるとさらに怖い(笑)。神の子っていうより魔王降臨って感じで。
 こう言ってはなんですが、赤也が元気、仁王ががうちになるとやっぱりぐっと引き締まるのか、前に観たときより2代目ブン太の演技がずいぶん良かったです。
 ジャッカル(2代目)ひとりだけかすんじゃってる。頑張れ!
 今回、立海のテーマ曲が凄く良くて、振り付けも凄くかっこよくてクラクラきた。
 立海って氷帝より力入ってない? としょっ中思います。
 
 ところでこの公演はふぃーちゃりんぐらいばるずということで、前半は記憶喪失になってしまったりょまに過去対戦したキャラクターたちがもういちどりょまとの対戦を再現してみせるという構成になっています。
 青学内から他校までよりどりみどり(イミフメイ)です。
 しかし、ならばなぜ手塚がいないのかとか、不二ともやってたんじゃね? とか、大石とだって試合してたとか、赤也は野試合だからダメなのかとか、金太郎は1球勝負だから除外なのかとか、もっと言ったら玉林や緑山はどこいったのとか言ったらいけないようです。原作でこのみんが選んだライバルズです。
 ……裕太残っててよかった~(笑)。
 また、この裕太役のKE○N君がミュキャスとしては破格に歌がうまいうえ、南次郎を抜かせばいちばん年上くらいのはずなのにいちばん中学生っぽいということで、彼が出てくるだけで沙弥は幸せになってしまいます。
 だって原作で鉄の次に好きなんだもんゆーた! 
 テニミュでは鉄のキャラとの合致率がゼロに等しいので(元キャラが薄いからって俳優が自分のキャラででしゃばるようじゃな……。みなさんは奨励していらっしゃるようだが鉄スキーとしてはアレはいらん)、裕太が№1です。
 ゆーた! 裕太かわいい裕太!
 いっそアノ10倍くらいソロあってもいーのに!(誰の公演かわからんくなるぞ……)

 深司(2代目)がはまり役でいいです。綺麗なお顔だーね。
 演技は先代そっくりとのことですが……そーか??
 あっくんはじゅりさんでした。あっくん(原作)誕生日が私と同じなのですが、4月2日生まれの人は「俺に指図するな」キャラが定番なのでしょうか……。
 いやそんなことはどうでもいーんですが、じゅりさんときどき動きがえば○げりおんっぽくて亜久津っぽいですね(笑)。
 動きは2代目清水のがキレがあるし、歌も演技も清水のが上手なんですが、キャラに対する理解が深くて存在感があります。好きです。
 田仁志はもう言わずもがな。ご本人も「自分にこんなはまり役があったなんて」って言ってたし(笑)。その通りの出来でした。
 えっとー、思いきり若を忘れてました(こら)。「やっぱ顔がキレイ」ってカヲルが言ってました。「龍さん(先代)アップになるとときどきおヒゲが……」とか……オイ!
 龍さんかっこいいだろーがよ!
 そんで真田がもう……! もうっっっっ!(悶絶)
 映画館は劇場より座席が広くて助かります(苦笑)。

 氷帝ふたりはちょっとおちるかなーなんですが特に久保べはアノ中に入ると明らかに見劣りするんですがでもがんばってたっす。
 跡部役ともなるとみんな見る目が厳しくなるだろうし、大変だっただろうな……。
 せんごくばさらでは主演らしいですが、「……主演……?」とか思ってゴメン。がんばりやさんなんだからがんばるよね。うん。
 がんばるとこしか評価してあげられなくてほんとにゴメンなんですが……。
 ライバルズはほんとに良いですvv みんなかわいくて、がんばっててvv
 欲を言えば玉林が欲しいとこなんですが(こら)。
 そこはこのみんの采配だからね……。さすらいの許斐ウオッチャー(自称)としてはがまんがまん。

 幕間のアドリブが裕太ネタで幸せすぎて魂飛びそうになった。「弟……いい響きだ……」若!

 そんで後半は魔王幸村vs記憶を取り戻したりょまの試合なのですが、幸村の魔王っぷりにほんとにガタブルです(笑)。
「神の子」違う! あれぜったい違う!
 まっすーこういう役しか来なくなりそうでちょっと心配になるくらいのはまり役ですよ(笑)。
 ちょうかっこいい! も え た !

 青学5代目、歴代でいちばん影が薄い青学ですが、さすがにりゅーきだけはなんとかフルネーム覚えました(こら)。
 今回出ずっぱり動きっぱなし歌いっぱなしでほんとがんばったな~。おばちゃん感心しちゃう。
 ……温度差があるのは許してください。
 あんだけがんばってて影薄いのはほんとに不憫だと思いますが……薄いものは薄いんだもん!
 ももちろはアドリブも機転がきいてるしいろいろできる子なのに演技がいまひとつなのはなんでだ(←ひどい)。
 ももちろらしからぬ早口注意。ときどきかなり気になる。
 海堂はまあまあ良かった気がするんだけど……。やっばり歴代の模倣っぽさは否めない。
 不二。アップになったら全然不二じゃない……。せめて目を見開くのはやめよう。
 タカさんは逆にちょっとキレイすぎる(笑)。不二のが野性的って一体。
 乾……。良いんだけどいいのかと思う(イミフメイ)。乾としてはまりすぎてて人として何か大切なものを見過ごしているような、そんな乾です……(それって)。
 よってとってもとっても乾なんだけど、それでいいのか……?
 手塚影薄いです(笑)。
 菊丸は見せ場が少なくて損してるよな~。けっこういいのにな~。
 そんで、ひとり故意にスルーします。……1回書いたんだけど悪口雑言ひどすぎてさすがに……。

 この公演はエンディングにとても凝っていて時間をかけてます。みんなすごく素敵で、すごく楽しい。
 それと同時に少しずつ「ああ、本公演はこれで終わるんだな……」と寂しさみたいなものが沸きあがってきました。
 アドリブとかも最後っぽいしね。
 そして、上島先生の挨拶と、青学バラードがありました。
 アンコールでは、7年間のテニミュの映像がちらちら流れて、そこまで泣いてなかった人もそれ観たらウルっときちゃったみたいです。
 ……私はといえば、「裕太は年取らないと思ってたけど、こうしてみるとやっぱこの頃は幼い~vv」とモエモエしていました。すみません。

 で、アンコールが終わった後で、最後にキャストがふたりずつ(トリオだけ3人)出てきてオールアドリブでごあいさつ。
 最初が裕太と亜久津でした。
 最後に素に戻って「またね、じゅりくん」「またな、けんぬ」ってゆったときは「わーっ!」ってなった。
 このふたりは長い付き合いだもんね~。年も一緒くらいだし。かわいすぎる~。
 客席のほうにはけていきました。
 そんで次々出てきてあいさつして、客席のほうにはけていきました。
「まっすーかっこよかった」に激萌えした。そういう兼ちゃんはカワイイです……。
 
 
 ……最後の最後でがうちが「これから青学5代目が出てきますけど、青学5代目にいちばん大きな拍手を」って言ったときギクッとしたわ……。
 なんとも思っていない人には大きな拍手ができるけど、嫌いな人にはできないんだよなー、私……。(HD(腹芸 できない)ですから……)
 ちゃんとドリライでもファンじゃない人にも大きな拍手とか声援贈ってるけど、実はアノヒトには1回も贈ってないんよ……。大人げなくてゴメンナサイ……。ちょっと反省しました。
 言われた通り大きな拍手しました……。ライブビューイングだけど(苦笑)。
 5代目ほんとに人気ないので、牽制したんだろーな……。みんなほんとに露骨なんだもん。
 終わってから「がうちは気遣い屋さんだ」という声があがっていました。
 
 ほんとにいろいろ良かったです。感動的でした。
「こんなん、ドリライ初代なんかいなくても充分やれるよ~行くよ~!」みたいな。
 ……いや、土屋大石はとほーもなく楽しみなんですが。
 もっとも、オールスターとかって歴代を人気投票で……とかゆったら全力で3代目大石プッシュ(最大の敵は2代目か……好きだけど)でさらに貯金おろして行けるだけ行きますが。
 青学と言えばふたことめには大石大石ゆっちゃうな……。好きだからなあ。

 そういえば、上島センセイが紹介したのでひさびさに元気なこのみんの姿が見れて嬉しかったです。
 私、コミックス買ってたころ(※集A社不買運動継続中)はまず最初に著者近影を見るというくらいこのみん好きで、実写映画の「このみんを探せ!」でもひと目でわかったくらいなんですよね……。

 ああたのしかった。たのしかった!
 ドリライで終わっちゃうの寂しいけど、2周目やるとしたらキャストみんな代わっちゃうだろうし、裕太とか真田とか怖いしな……。
 せめてドリライは最低でも2回は観たいです。

 長くなってすみません。拍手ありがとうございました~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。