年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分めも
2010年03月17日 (水) | 編集 |
・花井は高校時代阿部が好きだった。
・一度だけ衝動的に阿部さん抱きしめた。
・せめて友達でいたいからなかったことに。
・けど阿部はあの日の花井の行動の意味をずっと考えている。
・とかゆってるうちに花井が結婚。
・それではじめて自分も花井が好きだったんだと気がつく阿部さん。
・時すでに遅し。花井は幸福な家庭を築いている。
・「まあ、花井が幸せならいーか」と思いつつずっと独身の阿部。
・ところがある日、花井は交通事故で妻子を一度に亡くしてしまう。
・どうしてもそのままにはしておけなくなってどん底の花井に手を差し伸べる阿部さん。
・阿部に癒してもらって少しずつ冷静になった花井は阿部の行動を同情からと思いこんで阿部との関係をやめようとする……が。

 ありがち。

 ところで最近文中に「はない」が入っているとそれがどんな言葉であろうと問答無用で「花井」変換されます。「それ花井」とか……。
 私そんなに花井花井打ってますか我がパソコンよ……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。