年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウソのようなほんとの話
2010年07月26日 (月) | 編集 |
 こないだ、ミクシに元彼の名前を子供につける鬼嫁のニュースがあがっていました。

 その際、自分たちの名前の話になったのですけど、私は基本、ダンナが名前つけに参加しないのには賛成派なのですね。なぜかというと……。

 うちの弟の名前候補、最初は「牛若」だったそうです(爆)。

 父が牛若丸大好きで息子にこの名前をつけるのが夢だったとかで。

 まあ今の名前も日本最強にして最恐の悪霊と同じ文字を書くのであまりいい名前とは言い難いのですが、これも父の主張でその文字になったという……。母は別の文字をあてたかったようです。
 ちなみに父がまるでタッチしなかった妹の名前(※どうやらあまりの評判の悪さに拗ねたらしい)は超カワイイと評判です。センスってやっぱあるんだよ。

妹「あれ? でも、じゃあ、おねえも名前の候補あったの?」
沙弥「…………千代…………」(※実話)
妹「……………………」
沙弥「……………………」
妹「……今の名前でよかったね」
沙弥「……うん……(真顔)」

 おかあさん ていこうしてくれて ありがとう。

 顔がかわいけりゃどってことはないけど、「宝くじ売り場にこの顔が座ってたら買いだ」という福顔女に「千代」はキツイ。
 もう「千代」に比べたらAV女優と同姓同名なんてなんでもないっすよ! まじで!

 というわけで実は篠岡が出てくるたびに「ケッ、顔がかわいけりゃどんな名前もかわいく感じるよなっ」と悪態をついている沙弥であった。
 長年古くさいばばくさい絶対イヤだ今の名前でよかったとしか思っていなかった名前なのでなかなかくつがえりません……。

 拍手ありがとうございました。今日3回目のブログ更新すみません……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。