年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花井はいい子なんだよ!(主張)
2010年10月30日 (土) | 編集 |
 ふだん黒花井の印象が非常に強いらしいワタクシ。(本望なような不本意なような……)
 でも、第1話からの花井スキーとしては、「あのこはいい子なのよ!」という主張は外せません。
 なんかしばらく語っていないような気がするのでひさびさに主張。

 なんか、花井をあまりよく思っていない人は、総じてはじめの3打席勝負のくだりでの印象で花井やなやつだったとか思ってるんですよね。
 しかし、私は花井の反応がいちばんまともだと思ったのですが……。

 ほら、たとえば、茶道を習おうとして、受講料払って、着物やらなんやら気合入れて座敷に座っていたらまるで極楽鳥のような先生が腰振って現れたら、間違いなくがっかりするじゃないですか。
「こいつ、大丈夫かよ」って思ったり、「お前に教わることなんてねえよ!」って言いたくなりません?
 料理の先生の爪がバリバリ長くてゴテゴテにデコってあったらがっかりするじゃないですか。
 本気で習おうと思ってれば思ってるほどハラ立つと思うんですよね。
 べつに花井が以前ヤなやつだったとかいうことはないと思いますよ。あの反応がいちばん普通だと思います。
 いや、ほんとに普通の男子高校生ならヒューヒューはやしたてたりもっと下世話でえげつないセクハラに走りそうなものですが、たぶん、花井はそういうやつが現れたら本気で怒ると思います。花井が良い子だと思ったのはそゆことです。
 不安なのに言いたいこと呑みこむのもよろしくない。3年その部活を本気でやるんならね。
 よって花井の反応が一番まとも。これは第1話からの私の印象です。

 第1話のころ、私はむしろ阿部が嫌いだった……。今はもう最低呼ばわりしていたあの第1話の阿部ですら「花井、モモカンじゃなくてオレを見ろよ!」とかいう感じに見えて愛おしく感じますが。(※病気です)
 誰かを落とすことで誰かを上げようとかいう発想がもうダメなのです。どっちも仲間になるのに。
 時間をかけて信頼関係を築く手間を惜しんでのことだから余計に嫌だった。
 榛名のくだりが出てきたときは「なんでアンタは自分がやな思いしたのに他人を落とすような真似を平気でするかな……」と思ったものです。このへんはほぼリアルタイムで読んでいたはずですが、ほんとにいつこれが逆転したのかよく覚えてません。物凄く不思議だ。
 最初にCP考えたときはタジハナだったし、脳内阿部のあの字も出なかったのになあ。
 あ、ただ副部長の人選に関しては「トラブルメーカーは手元に置いて監視した方が安心なのか? 花井、一見単純に見えてけっこう……」と一瞬思ってちょっと萌えましたが。……下地はあったってことだろうか。
 でもきっとやっばり花井が紙面から主張しているのではないかと思う。「阿部かわいいぞ! 阿部!」って(笑)。
 あ、あと、阿部はツンデレだから気になるヤツに対してはきついんだ。気になるヤツには毒舌とかいうレベルでなく反発に近いような態度を取るんだねとどっかで悟ったような気がする。……どこだっけかな……。
 そんでなんでハルアベがダメかというと、榛名の方が受だからですv
 攻阿部が初期に抱いていた阿部の印象そのまんまな書き方のが多くてあんまり好きじゃないので(アレに比べたらキモべのが万倍マシだ)、アベハルは書きたくないんだよなあ……。
 ってなんで花井の主張をしようとして阿部を語ってるんだか。

 こんなかんじの花井と阿部でなんかもじもじしたキモい(※世間では初々しいと呼ぶのかもしれん)男子高校生ふたりを書きたいなあ……。
 書きたいものばっかりありすぎる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。