年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちくしょう。
2008年02月14日 (木) | 編集 |
 会社でカッターを使用するときは、カッターを握る反対の手に保護手袋をはめるのが決まりです。
 沙弥はカッターを左で使うので、右に手袋をはめます。
 当たり前ですが、これは少数派です。
 保護手袋は1対での販売のため、右にはめる手袋は普段から余りまくっているのですが……。

 向かいの席の子が左にはめる新しい手袋を出して、右のを持て余していたので、「あたしも新しいの欲しいからちょーだいv」と言ったらば、「え?これSですよ!?」と言われました。
 思いきりケンカ売られた。
 いくらなんでも男女兼用のしかも手袋のSが入らないほど大きくないですよ私だって。

 言い方が悪いのは承知のうえで、あの女最近めちゃめちゃ調子こいてやがると思います。
 先日は机の上にいろいろ広げつつデータ整理をしていたら、「机の上を片付けてから仕事したほうがいいんじゃないですか?」と知った風な口をきかれました。職場内でいちばん机上が汚いのはオマエだろ!(本当にそうですよ?)
 毎日いろんな人に同じこ言われてるからたまには他人に言いたかったんだろうが……。
 アイツが反対側の私の席まで自分とこのものを越境させるからこっちは毎日小さくなって仕事してるのによ……。
 つか、そもそもそれで苦情が出たからあんまそういうことにこだわらない私がアンタの向かいに配置転換されたんだっつの!
 言っても言っても直らないどころか気にもしないんだもんな。言われなくなったのは良くなったからじゃなくて諦められたからだろーが。わ・か・れ!(※理解しろの意)
 大勢の人に迷惑かけて気付きもせんで平然としているオマエが、多少散らかしても他所に迷惑かけているわけでもないし仕事の進度にもなんら影響のない私のやり方に口を挟む権利なんてどこにもないの!ちょっと黙ってろ!
 若干散らかし気味だったのは認めざるを得んしそこは自分も反省だけど、オマエに言われるとハラ立つんじゃ!普段を考えればどうひいき目に見たって私がいちばんの被害者だからな!

 そんなこんなでイライラしていたら、ふとこ●だくみのマネージャーのことを思い出しました。
 発言内容も最低ですが、別の言葉で意図するニュアンスを伝えていたとして、年長者のお節介でそれを言ったとか、同年代の共感でそれを言ったとかでなく、若さの余裕でそれを言うって……。
 ……なんつーか、職場イジメだよね、間違いなく。
 前者ふたつでもそれ言ったら大概大きなお世話だと思うもんよ。
 よーするに公共の電波で職場イジメを自慢した……と。
 発言内容も確かに問題だけど、あんなセクハラパワハラがまかり通るところも大問題だと思ったものです。
 ……うん、上には上がいる。

 他人の不幸で元気になる自分はちょっとどうかと思いますが、今日はこのくらいしか自分を慰める方法が思い浮かばんですたい。
 愚痴吐いたところで寝ます。こんな内容でスミマセン。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。