年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日
2008年03月31日 (月) | 編集 |
 土曜日は、カヲルと一緒に映画を観に行ってきました。

『そして春風にささやいて』を。
 なかやま沙弥、心の底からホモが好き……。
 ……というわけではなく、滝口くんがでていたからなんですが。
 しかも、赤池章三役ということで、「しょーがない、タッキーのためだ!」と重い腰を上げたわけです。
 沙弥はべつにタクミくんシリースが好きというわけではないのよ。赤池が好きなだけ。

 場所は、名古屋駅近くのシネマスコーレというところでした。
 席が50しかない、ほんとにちっちゃな映画館です。
 午後7時10分から上映のところ午後3時半くらいに着いたのだけど、整理券は55番でした。
 補助席と言われて「それしか席ないのか」と唖然としました。よかったー、早めに行っておいて。
 そのとき気づきました。
 なんか上映する映画が私がHPみた時より増えてるよーな……。
 なに?この『春風』のあとの『アクエリアンエイジ』は……。
 きーたことあんぞv
 ドーリの映画だなv
 タッキーが「おすすめ」ってブログにかいてたなv
 とりあえずそっちは保留にしててきとーに時間をつぶす2名。
 しかし、戻ってきたときにはアクエリのほうも入場券買ってました……。
 終電だっつの……。まだ胃薬常用だっつの……。

 えー、とりあえず『春風』は……。
 すみません。笑いました。
 どこをどうつっこんでいいのかわからん。なにもかもが笑えた。
 カヲルと沙弥の合い言葉は「ヤ●カはわるくない!わるいのはキャストを選んだ人だ!」でした。
 うん、●スカがんばってたよ……。
 ……ただちょっと、役と脚本が……。(なんぼなんでも高林はねーだろ……)
 吉沢とくっついたあとのアレは、笑うより「ゴフッ」ってなったよ……。場内爆笑だったけど、みんな感覚麻痺しすぎだろ……。
 もうひとり脚本やら演出やらのあおりをくっていたのがよりによってタッキーで、演技の方は赤池として及第点のってると思うのだけど(っていうか、私は赤池だと思った!)、出し方見せ方がよくないんだ。
 原作から採用する台詞削る台詞のチョイスもよくない。いっそ赤池フアンの私にやらせろと思うくらいだった。 赤池はねー、あの石を投げればホモに当たるかんじの祠堂のなかで唯一完全にノーマルだから魅力があるんよー。
 けっこうよかったのはギィなんだけど、……やっぱ、外見が日本人っていう時点でアウトなの?(笑/そう言っていた人を知っている)
 かっこよかったと思うよ?さすがにヘンなポーズきめたりするところは笑ったけど。
 加藤慶はほんとー美形だねー。目の保養になったよ。癒された。
 あとさー、野崎先輩がすっげリアル野崎なんだよー。
 あのイヤな男を実に忠実に再現しとる。「いいの?これ」と思うくらいだ。このこDボだろ?いーのか牧●!
 いーのかというか、桃城を演じても野崎みたいだからもしかして●田というのはこういうキャラなのかもしれん(爆)。
 やはりワタ●ベプロダクションは桃城に対して妙な偏見があるに違いない。加●もこっち方向だし。
 というより私がワ●ナベに対して妙な偏見を(以下省略)。
 エロスはやはり白い空間に白いシーツだった!(笑)
 こんなんするから余計恥ずかしいんだよ。原作どおりでいいのに。結ばれるエピソードも違ってるし。
 やっぱ映画ともなるとちゃんと誰からみても和●じゃないとまずいのかねえ?わたしゃアレは和●だと思ってるんですけどー。
 まあそんなこんなで、面白くなくはなかったんだけど、「うううう、声上げて笑いてー。でもがまーん!」な面白さでした。

 アクエリは、整理券番号27番でした。わーい、ふつうのお席に座れる~。
 かなりいいとこ取れて、ほくほくと観る。
 下馬評きいてあんまり期待してなかったんですが……。これが私に合うらしく、面白かったです。
 好みのぜんぜん違うカヲルも面白かったとゆっとったから、やっぱり面白いんだと思われ。
 それに、『春風』のあとに観ると映画らしいったらありゃしない(笑)。
 確かに問題は「これで終わり!?」というレベルで尻切れのラストですが(そこだけ『荒くれ』レベル/笑)、時間か予算かあるいは両方が足りなかったんだと思えば納得。
 とにかく設定が好み。キャラが好み(この物語の世界ではメガネはへんたいの証らしいと思われそのへんがちょこっと複雑ではあったがそれは私の好みだし)。見せ方も限られた時間の中でかなり頑張ってる。ストーリーもはっきりしていてわかりやすい。しっかりつくってあって目が離せないし飽きない。
 尻切れだし、時間の都合でストーリーが早足だったため若干舌足らずな部分もあり、わかんない人にはぜんぜんわかんないかも。
 しかし、それでかえってちょこっとだけですが創作意欲を掻き立てられもしました。
 うわーこの設定でなんか書きてー。
 よかったですよ。オススメv

 そんなわけで、うきうきと原稿に戻ろうと思います。昨日は6月に結婚する友達と会っててぜんぜん進んでねーのよ。
 胃は、まだもう少しです。
 拍手ありがとうございました。これであとは一気に〆切りまで駆け抜けます(希望)。がんばる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。