年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小ネタ(アフタネタ注意)
2008年05月11日 (日) | 編集 |
(※アフタネタのため小ネタは最後です) 
 今日はインテですね!行かれる方は楽しんできてください。
 昇さん、ウチの子たち(『フルカウント』と『花恋』)をよろしくお願いいたします(ふかぶか)。
 楽しい大阪の1日になりますようにv(祈)

 私はしばらくイベントには行かないのですが、その分野球をみにいきます。ひいふうみい…。3試合くらい。
 ひとつめが月末の木曜日で、こないだ昌さんが木曜に勝ったばっかなのでちょっぴり期待してます。
「谷間だから昌」じゃなくてきて昌さん~vv
 ナゴドに行けば健太じゃないのかってそれは言わない約束で。(※なぜかナゴヤドームに行くと曜日とか関係なく朝倉健太が登板するらしい。…相性?)
 最近中日と言えば中村ノリと和田ですねv名前からふたり合わせて「ノリベン」と言うそうです。
 例によって例のごとく、そうか…、和田が受か…(微妙)。とか思っている自分がキツイ。
 アライバという表記を聞いたときも「CPかよ!」と思ったんですけど。
 実際公認っつーか、球団の演出がそっち狙いに見えてしかたないんですが、イバラ専門の沙弥はそっちはツッコミ的に思っただけです。
 しかし、今回は……。
 いや…ノリタツ(※立浪さん)だろうと思っている自分がキツイ。
 なにげにマジっぽいのがキツイ。
 40歳だろうが50歳だろうが受は受ですよね…(言い訳になっとらん!)。
 あの、実際になんか活動するわけじゃないんで(※当たり前)完全スルーでお願いします。
 昨日は日ハム戦の発売日でしたが、ド●ラがよく見える席をわざわざ選んで取ったところ、連番にできませんでした。……しおしお。
 最初のときにD側外野が空席ありになってたんでうっかりトライしちゃったんですよね~。土曜日のデーゲームでそんなん取れるわけないのに。
 ちょっぴり奮発した席です。まあ楽しんできます~。




 そんなわけで小ネタ。ゆうべ見た夢。

 設定→阿部は怪我して自宅の居間で静養中です。
 花井は阿部に片思い(だと花井は思っているが阿部に自覚がないだけの両想い)。
 花井は乙男(オトメン)です。

・花井がケーキ(※自作/笑)持参で阿部のお見舞いに行きました。
・だって阿部、いっぱい食うって言ってた(らしい)から。
・阿部の苦手なかぼちゃを食べやすいようにタルトにしてみました。
・にんじんのしっとりケーキもいいかんじです。
・ほうれん草のムースもつくってみました。

 阿部のいる居間に通されて、お茶を出してもらってちょっぴりふたりきり。
 花井はちょっぴりどきどきです(※キモい←愛)。
 そんなとき、開口一番阿部が言いました。
「触れ」
 花井、一瞬まっしろ。
 次の瞬間、「えええええええええ!?」ってなる。
「ハラへらねーんだよ。運動させろ。触れ」
 この期に及んで『それってあの、どういうことでしょうか!』と脂汗をかく花井。どういうこともなにもあんた…。
 阿部は絶賛超不機嫌でした。返事を待たずに「今日、花井に風呂入れてもらうー!」と台所の母親に向かって大声を出します。
「え、そんなの悪いでしょ」と言われ、条件反射でとっさに「いえいえ、オレ、力だけが取り柄なんで、やらせてください。隆也くんにはいつもお世話になってるし」などとにっこりして言ってしまう外面抜群のオンナ殺し花井梓。
 阿部はますます不機嫌に。(母親に妬くなー!←私の夢です)
 花井は『タカヤって呼んじゃったよオレ!』などと心臓ばくばくです。
 つか、私のこの夢の梓、どこから拾ってきたんでしょうか。(自問)

 そんなわけで、まだちゅーもしていないハナアベはいっしょにお風呂に入ることになりました。
 しかも指令は「触れ、疲れさせろ」です。
 ヘタレあずさ、絶体絶命(笑)。

 ……うーん、ふだんのウチの梓なら「据え膳!」って喜んでおいしくいただくシチュエーションなんですが、マジでどっから拾ってきたんだこの乙男梓……。

 そんで、あとあと余ったケーキを他部員に食わせていたと知った阿部がまた不機嫌になる。
 どっから拾ってきたんだろうこの嫉妬深くてワガママで姫な阿部…。
 たまにはいいかな(笑)。
 おあとがよろしいようで~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。