年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとやっばい。
2008年06月26日 (木) | 編集 |
 うーん、胃の調子が……。悪いわ。
 かなり悪いわ。

 オフ新刊がけっこうピンチになってきました。
 自分の体調に引きずられて暗くならないように、テンション下がらないように、なおかつ週末までになんとかせねばならない。うわーん。
 明日あたりから日曜まで落ちるかもしれません。緊急の用事は携帯にお願いします。

 今日は会社を早退させてもらって医者へ行って胃薬もらってきました。
 この時期はメンタルも不安定になるからストレスには気をつけるよう言われた。
 うん、手遅れv(涙)

【しばらく愚痴】
 会社でアホの子(男子)ふたりと組まされたとある細かいお仕事に日々泣きが入っている様子。

 先週、そのうちのひとりから仕事内容について説明を受けたのだけど、この人がとほーもない説明下手でして。
 自分だけが納得して話を進めてしまうタイプなのです。説明に起承転結があるとしたら転くらいから話をはじめるタイプ。
 不安が的中してナニ言ってんのかさっぱりわかりませんでした。
 途中からさすがに「それはこう?それともこう?」とか「それってこういうことだよね」みたいな相槌やら質問やらでなんとかかんとか話を聞き出すも、本人は「だからそう言ってるじゃないか」「そのくらいのことボクはちゃんと考えている」という態度で、沙弥ステータス『忍耐力』のゲージが減る減る。
 知識はあるけどその知識を活かすスキルがない。
 なのに自分はデキると思ってる。
 自信満々で常時上から目線。
 独りよがりの自己完結型。
 取り柄は顔だけ(笑)。
 そういうコです。

 まあそもそもこの人は出会いのときから奮っていました。
 私のお仕事を勝手に持ち出したのです。
 私が「なんで?! どーして?!」と泣きながら、メシも食わず昼休み返上で大捜索をしていたら、食堂でごはん食べて戻ってきた同僚が「●●くんが持ってったよー」と教えてくれたのです。止めてくれ。せめてメモだけでも残してほしかった……。
 大急ぎだったので即社内PHSで電話を入れたところ、「ボク今、ごはん食べてるんで行けません」。
 うわあ、こいつマジで殺してやりてえ。
 一瞬ではありましたがこう思ったわたくしめを誰が責められるというのでしょう。

 さて、つらいばかりの説明の時間が終わり、「あああああこれからどうなっちゃうんだろう」と泣きたい気持ちでその場を辞しました。
 もうひとりの男の子もちょっぴり憔悴状態です。
「そういやこのコとははじめて組むなー(悪評はつねづね耳にしているが)」と思い、「ご迷惑おかけしますけどよろしくお願いします」と頭を下げたら、にやりと笑って返された。
「まあ、●●さんはああいうヒトですからね。ボクに任せてください」
 わー、ちょう不安。
 しかし一緒に組んでみると↑のコより仕事はちょいマシだった。
 性格は似たようなものだけど。
 外見はうちらのお仲間(※オタク)。なんつーか、顔だけ美形よりむしろまだ許せる(笑)。

 で、毎日泣きそうになっているのです。
 月曜、朝来た瞬間に机に突っ伏した沙弥に同僚が「どうしたの?」といぶかしげに声をかけてくれた。
 うん、顔だけ君に頼んでおいたお仕事が置いてあったの。
 ヘキ●ゴンをはるか越える超弩級のボケを伴って。
 こんちくしょうしょっぱなからこれかー!(泣)
 ううううでもあのコにしては努力の跡が垣間見える(と思う)。はっきりゆって無駄すぎる努力だが。
 落ち着いて。頭ごなしに非難しちゃダメ。がんばりは認めてあけないと。深呼吸よ。(必死)
 なにも言わずに自分でやり直しちゃうとヘソ曲げられるから、なんかうまいこと言ってやり直してもらおう。ううううううううどう言おう。
忍耐試されてるような気分になるわ。
 そんなわけで、今職場で誰かにふつーにやさしくされたらもれなく落ちる自信があります(←こらー!)


 それにしても、パワーの前に胃がバクハツしそうでちょっとイヤです。
 誰かはげましのハナアベを私にください。お返しちゃんとするよ!(たぶん)

 ところで、今、最低でもハナアベ取り扱いサークルは20サークルいってるわけですよね。(イベント参加18サークルで、うちが昇さんとこ預かって、他にもひとつ委託受けるとこみつけた)
 誰かサークルガイドブックかアンソロつくってくんないかなー。
 ハナアベ本枕元に積みすぎてさすがにジャマになってきたので(こらー!)、いちどにいろんなハナアベが読める本が欲しいです。
 胃痛が吹っ飛ぶ萌え求ム!

 拍手ありがとうございました。一言返信は追記にて。
>Kさま
 先日は通販ご利用ありがとうございました。
 同人誌の通販と、ハナアベ萌え話もありがとうございますv私も飢えてますのでどんどん話してやってくださいvv

 そうですねー、阿部増量中といっても、贅肉増えたってしょうがないですもんねー(苦笑)。
 私はすぐにネタに走るほうなんで、阿部を見るなりひょいと両脇抱えて持ち上げて「……4キロ」と呟く花井とか、「なんでわかるんだ!?」と戦慄する阿部およびチームメイトとか、そんなんばっか考えていました(笑)。
 ちょっとくらいプニったって花井はものともせんだろうし、これはこれでカワイイと思いますが、なにより性格暗いなりにいっしょうけんめい前向きぶる(←言いすぎ!)阿部にすっごい萌えました。悶えましたよ~。

 阿部受オンリーいらっしゃるんですか!? わー嬉しいですv よろしかったら↑こんなお話などしてやってくださると喜びます!
 ピンチだと思ってたけど頑張って本出しますね!

 私などにはもったいない、とってもステキなお言葉をたくさんくださってありがとうございます。とても励みになりました。またご感想などいただけると嬉しいですv
 それでは、阿部受オンリーでお元気な姿を拝見できますことを祈っています。一言ありがとうございましたvv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。