年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶじかえってます。
2008年10月04日 (土) | 編集 |
 名古屋公演の感想は明日書きます~。
 公演後お茶してる途中で頭痛でダウンしてすみませんでした&ごめんなさい~(やらかしたか/やらかしたよ)。
 しばらくなかったのでしょんぼりです。
 今は痛み止めが効いてます。
 イサコさんにもらった優しさがきいてます。
 身に染みる……。ありがとうございました。

 それにしてもカヲルという女はほんとうにつる●剛と似ている。
 生まれた日が同じ言うのはあなどれないと改めて思った。
 ちなみに、ヤツはセミのかわりにインコの話をします。
沙弥「あ、この地下鉄のエコきっぷ、信長秀吉家康だ」
カヲル「ほんとだ~。『鳴かぬなら 鳴くまで話しかけてみよう セキセイインコ』だねv」
沙弥「…………」
カヲル「いや、インコはほんとに最初はしゃべらないけどしつこく話し掛けてれば2カ月くらいでしゃべるようになるんだって! きっと『こいつしつけーな。しゃべるまでやめねーな』とか思うんじゃない?」
沙弥「今、この話の流れでなんでインコが出てくんの?!
カヲル「だって、沙弥ちゃんインコがしゃべるの信じてないと思って」
沙弥「アンタからもう1万回くらい聞いとるわ!

 たとえば。
カヲル「東京公演の会場の近くに、ショーウィンドウに大きい子がいるお店があって、けどこないだの公演のときそれが白い子に変わってたの。さみしいよねー」
沙弥(ぬいぐるみかなにかだと勘違いしてよっぽどそのショーウインドウが気に入ったんだなとか思っている)「へー、内装変えたかなんかしたかね」
カヲル「っていうか、死んじゃってたらどうしようと思って心配で……」
沙弥「……ちょっと待って。なんの話?」
カヲル「インコ」
沙弥「またインコかい! ……ってゆーかアンタさっきからそんなことひとことも……いやでもそれは確かに心配だけど……あー! もー!」

 私たちの時間はこうやって過ぎていきますv
 いつもですv
 ……だけど、なんでだろーな。
 アンタにツッコミ入れると生き返ったような気分になるのは(爆)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。