年寄り腐女子の偏った妄想と日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなわけでカトベ名古屋公演日記
2008年10月05日 (日) | 編集 |
(※5代目青学、特に大石役辻本くんフアンはお読みにならぬよう。回れ右してください。苦情来ても私はまったく意に介しませんから)

 そんなわけで昨日はテニミュ名古屋行ってました~。
 10月からはカトベこと加藤●樹くんが満を持しての復活とあって、もーダフ屋は出るわ「チケットゆずってください」の人・人・人だわ公演中にカトベを間近でみて前の席の人もとなりの席の人も泣いてるわタイヘンなことになってました。
 ……改めて、カトベってすごいのね……。
 いや、斎●工も10月復帰ですけど。こっちもさすがの出来でしたけど。

 場所は、愛知県勤労会館です。
 L⇔Rが一発屋と呼ばれる所以になったシングルを発売するまで使用していたということもあり非常になじみのある会場です。
 昔はよく通ったもんだよ。ずいぶん久しぶりだが。
 サークル・サイト名がL⇔Rの曲からきているのはご覧の通りです。
 あんなに出入りする場所がまる見えの会場でキャストは大丈夫なんか? 山ほど出待ちが出るんじゃないか? と心配しつつ鶴舞へゴー。
 鶴舞って、公園の敷地内に図書館やら球場やらイロイロあってそのひとつに勤労会館があるってだけで他のものはなーんもないし、昼間にお茶できるのもドトールくらいという「名古屋って都会じゃないの?」っていう感じのところです(まあ、愛知はどこも田舎ですよ。うん)。
 豊橋からカヲルと移動して(なにしろ最寄りのローカル線の駅から一緒だから)、勤労会館前でアカツキさんと合流しました。
 お久しぶりです~vベスアクの握手会ゆずってくれてありがとうございました~vv な再会です。
 ここんとこほんとにテニミュでも公演が合わなくて会ってなかったのです。
 なんか別方向にはまってて夏公演も8月に1回観たきりらしい。仲間、仲間。
 そんなわけで青学5代目を知らないというアカツキさんに5代目の間違った知識の伝授。
沙弥「もー、大石がねー、ひっどいの!」
カヲル「あー、沙弥ちゃんもそー思った? あれはすごいよね」
アカツキさん「そんななんですか?」
カヲル「いや、でも合わないってだけで辻本クンが悪いんじゃないよ? 彼はがんばってるよ? 悪いのは、彼 を 大 石 に 選 ん だ ス タ ッ フv」(それはそれでひどいな!)
沙弥「もー、声がカン高くてねー、無駄に手足バタバタしてて、すっごい坊やなんだよ! 黄金ペアってのは大石が静で菊丸が動ではじめてバランスよく成立するようになってんのに、菊丸はかわいいけどどっちかっつーと菊丸としてはおとなしいからもう同じくらいになっちゃっててね、メリハリなくてつまんないし、アイツ顔もぜんぜん大石じゃないし、もー台無し! サイアク! ずっきーくらい魅力があればなにもかも許せるけどアイツには魅力もない!」
 沙弥、相当うっぷんが溜まっていたようですすみません。大石にはほんとにこだわりがあるんです。
アカツキさん「そこまで言われるとかえって興味出てきますね……」
沙弥「あれはね、大石じゃなくて、ヘリウムガスを吸った……」
カヲル「えな●かずき!」

 ヘリウムガスを吸ったえ●りかずき(爆)

 つねづね思いますがこれがまるきりのアドリブだというのだからカヲルの「しゃべり天然系」は本物です。(そしてあたしは「行動天然系」と呼ばれます。行動のすべてがボケでヘン……らしい。同時に発動するとタイヘンなことになったりも……)

 そんなこんなで軽くパンとか食べて、会場内へれっつご。12:00開演です。
 8月のとき「これがカトベだったら……」「これが渡辺手塚だったら……」とさんざん思ったこともありけっこうかなり楽しみにしていました。
 やはりさすがの青学4-氷帝B。前回ダメだった4代目キャスト(菊丸とか乾とか)もかなりがんばっていて楽しめました。
 そのなかでもやはりカトベは神でした。
 フアンじゃないのにうっかり目がいくもんなー。あたしゃ4代目海堂の平田君を観にきたんですけどー。あーまたカトベに目が~。
 華があるよね……。そんで出来も桁違いだ。
 前半うまいけどやや音が低めに入るかなと思ってたけど、後半は完璧に修正てた。
 役者としては言わずもがな。本物の氷の笑みですよ。本物がいるよ!
 見とれて鼻息荒くなったよ! ビバ、カトベ!
 ジローのアドリブが「あとべ~、今日誕生日だよねvおたんじょーびおめでとー!」「だ・か・ら、今日はゆっくり座っててよ!オレが試合やってくるからv」(たぶん/うろ覚えですみません~)だった。ちょうかわいい! あのジローかわいいくせに総攻でじつにあたし好みだなあ! また日吉のズボンおろそうとしたし! このツンデレスキーめ! あ た し も だ よ!
 前半は跡部と宍戸がおとなりに座ってる間にちょこんと入っちゃったりしました。ツンとツンに囲まれやがってこいつうらやましいじゃねーか! ……って沙弥がなったのは言うまでもない。
 あたしぶっちゃけ跡部スキーですらないはずなんだけどなあ……これが華ってヤツか。おそるべしカトベ。
 宍戸と跡部が視線合わせるたびにひっくり返りそうになった(ケンケン! ケンケンーっ!)。りょまが跡部の背中に頭をこつんと預けたとき心のなかで「フギャッッ!」というけったいな叫びが聞こえた。それはあたしの理性が死んだ声……。
 忍足もやはり段違いだし、氷帝ほんと素晴らしかった! 圧巻の出来でした!

 そしてたいへんお久しぶりの青学4代目。やっと会えたよ~。8月からこっち、どれだけあたしが4代目を恋しがっていたことか!
 そんなに5代目大石イヤだったんか……。うん(頷)。
 沙弥は青学の好き嫌いが5割くらい大石で左右されるので(そして海堂が3)、もう「この公演の青学の楽しみは平田君だけだよ!」と思っていました。5代目海堂……、わるくないんだけど鯨ちゃんに似せすぎなのと、四天はせっかくの桃海ダブルスなのに……(泣)というのと(※察してください)、歌唱力以前に音感がないのが気になってさらにあの大石のことがあるのであんまり感情移入できないのです。
 それにしても4代目大石豊田君はがんばってたなあ。比嘉公演とは雲泥の差でした。
 それでも「これがユッキーだったらなあ」と思うことを止められないのはユッキーが素で大石キャラだったからでしょう。
前半が終わったときに、カヲルが「大石って……大事なんだね」とつぶやいたことが忘れられない(今気づいたんか! そーだよ、大石は大事だよ!/笑)。
 アンタ「顔が似てないのは3回観れば慣れるけど声は慣れないのがわかった」ってゆってたもんなー……。
 平田君が歌がド下手だと言われている理由が直接聴いてやっとわかったよ。
 ソロになると海堂役のためにドスのある声を出そうとするんだけど……、ちょっと、力を入れるところが違うんだな。そこじゃないんだ。そこここでもないんだ。
 誰か指導してやってよ。明らかに出し方が間違っているよ。あんなところに力を入れてたらキープできる音もキープできなくなるだろ(聴けばだいたいどこに力入ってるかわかるうえに6列目だから見えるんだよなー……)。声つぶれちゃうから頼むからちゃんとした人に指導を仰いでくれ。せっかくいい声してるんだから。
 舞台に走って行って「こことこことここちがう! 力入れるのはこっちー!」って言ってやりたい気分になったよ。あはははは。(乾笑)
 なぜか最後の短いソロパートだけはふつーに歌ってたな(不安定な体勢だからいじれないんだろうか/笑)。将来のこともあるからあんな発声させるよりは良い……が、やっぱり「声たっかー!」と思った(笑)。それが素か! 少年声っていうよりはハイトーンじゃないか。……好みだわー(笑)。
 見かけは完璧な海堂なのにねえ(笑)。
 でもほんとに海堂がこんなだったらち ょ う 萌 え! なんすけど! ハイトーン大好きv
 うん、ふつーにうまいです。あんな発声しなければ(笑)。
 そんなこんなでアンケートの裏面の半分を平田君にさいてしまった。イカンイカン。
 どんだけコケても「うーんかわいいなあ平田君……」になってしまう。それがフアンというもの。

・ももちろがタオルを投げるシーンでタオルがうまいこと飛ばずにももちろのところにぽてーんと落ちました。「風を読む」て読んでない読んでない!(ツッコミ1)
・無我のりょまがバイキングホーンを真似ようとしてラケットを落としました。「容易くコピーする」て容易くない容易くない!(ツッコミ2)
・跡部とりょまの試合でふたりだけ残して静止して他のひとたちがひとりあたりずつ出てきては歌ってはける場面で間違って出てきたあれは誰だー?(笑)
・さいきんヤ●カが凛の格好していると美形に見えます(死)。
・アドリブで『俺様の美技にブギウギ』の替え歌歌って一瞬しか出てこない断髪後跡部に生温い目で見守られていました。平古場もゆるー。
・ところであの●ピードワゴンを彷彿とさせる断髪後跡部のヅラはどうにかなりませんかネルケ。

 そういえばアンコール『Seasons』(つづり違ってたらゴメンです)やったんだよーvほくほく。
 平田君は降りてきてくれなかった。ざんねん。

 アフター分けます。ここでいったんキリ。
 家業のおてつだい行ってきまーす。

 拍手ありがとうございましたv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。